« Blogとは | トップページ | 人を殺すということが、 »

2004/06/03

小6女児殺人事件

小学校6年生の女の子が、仲良しの同級生をカッターナイフで殺すという、一昨日佐世保で起きた事件は、衝撃的だった。さまざまなことが報道され、識者が見解を述べている。教育関係者にとっては、特にショックは大きいだろう。すぐに今の教育は、というような方向へ問題が展開され、だから教育基本法の改正が必要なのだ、というような言論が出てくるだろう。

私の目には触れていないが、某新聞などは、きっとそんなことを書いているだろう。また、事件の発端が、インターネットに関係がある、ということで、電脳社会論の面でも、いろいろといわれることだろう。

しかし、私は、いつもこういう事件のときに思うのだが、非常に例外的に起きたことを、あまり一般化して、ああだ、こうだ、といわない方がいい。少年Aのときもそう思ったし、どこかにも書いたのだが、子供の成長段階、特に性的な成長の過程で、こういうバランスを失った行動に走ることも、ごくごくまれに起きることもあるのだろう。たくさんの同世代の子供たちがいる。その子たちの性向の分布曲線のごくはずれたところに、一人ぐらい、変にはずれた子がいて、考えられないような行動をとる。そんなこともあるのだろう。そのはずれた子の行動をもって、大多数の子がいる分布の山が、大きく偏っていると判断するのは間違いだ。識者が、教育の現状のこれが悪い、こう改善すべきだといい、文部科学省や、教育関係者があたふたとする。そんな必要はさらさらない。先生方は、私たちは、人間を大事にする教育をしています、と胸を張っていっていい。ただ、親は、自分の子をもっとよく見てほしいと思う。

新聞の報道を見ると、この事件を「殺人事件」とはいわない。「死亡事件」だそうだ。これなんかは、今の甘っちょろい社会とその鏡としてのジャーナリズムのあらわれなのだろうか。児童は人を殺しても、殺人とはならない。被害者の親は怒っていい。

|

« Blogとは | トップページ | 人を殺すということが、 »

コメント

初めまして。

トラックバックさせていただきました。
明らかに「殺人事件」であるにもかかわらず、「死亡事件」として報じられている点、私は見落としておりました。勉強になりました。

投稿: へのへの419 | 2004/06/03 18:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36654/704549

この記事へのトラックバック一覧です: 小6女児殺人事件:

» 小6女児殺傷事件、報道、殺人罪 [へのへのもへじの徒然日記]
佐世保で起きた事件を考える時、報道と事件の解説、そして殺人罪に対する刑罰について [続きを読む]

受信: 2004/06/03 18:03

» 長崎佐世保市の小6殺傷事件 [日々適当なblog]
書こうか書くまいかで迷っていて 書かないでおこうと思ったのだが 書いてみる。(苦笑・・・) さてこの今回の事件でいろんなblogでと取り上げ ... [続きを読む]

受信: 2004/06/03 23:10

» 佐世保事件は「異常な」事件ゆえ騒ぎすぎてはいけない [kojidoiの別宅]
佐世保の事件。ショッキングではあったが、パニックになるような話ではない。またマス [続きを読む]

受信: 2004/06/05 20:34

» ギャングの連帯感 [Passing Strangers]
 あの少女は、人の死というものをどう考えていたのだろう。いまどきの子どもとはいえ [続きを読む]

受信: 2004/06/07 01:39

« Blogとは | トップページ | 人を殺すということが、 »