« ヒトクローン胚を作ること強行採決で容認 | トップページ | ビッグバン以前にも時間と宇宙が存在した? »

2004/06/26

ヒトクローン胚容認,意見を収集してみた

ヒトクローン胚研究容認について、blog上の意見を少しばかり集めてみた。単なる言及、引用程度を除き、意見表明をしているものに限った。「・・・」は引用。そのあとに付けた(・・・)は私のコメント。

【賛成】
行動履歴倫理と医療技術の狭間で
「倫理面でどうの、という点はさておき、技術の発展自体に罪はないと思うので、こういう流れは支持したいですな。」(ただし、クローン胚を即クローン人間誕生と混同しているよう)

バイトなのでわかりません科学技術の進歩と、意識の前進のスピードが異なることについて
「文系の人の心配をよそに、理系の人には突っ走ってもらいたい。・・・そのうちに、倫理がどうとか関係なくなって、人間の意識もそういう科学技術に対応できるようになると思うのです。」(ちょっとなげやりな意見)

公開日誌ヒトクローン技術は悪か?
「大手マスコミは概ねこの方針に反対のようだが(特に多数決で決定されたことに対して)、わたしはあえてヒトクローン胚作りを推奨するべきだと主張する。」「アメリカなどが宗教上の理由で足踏みしている間に、宗教と縁の薄い(クリスマスを祝い、初詣に行って、仏教式の葬式をする)日本で、研究を進めてしまえというのが、以前からのわたしの持論である。 そうでなくとも、日本のバイオテクノロジーは欧米に水をあけられているのだ。今がチャンスだ。日本でヒトクローン胚を研究しよう!」(これは勇ましい)

daichan_i_drの日記医療技術の向上に期待
「私の網膜もこの技術で、取り戻すことができる。視力を回復できる。これを心待ちにしてきた。多くの論文を読んだ。どうやら、現在この方法が、最適のようだ。実践的技術の開発に期待したい。」(難病、身障の方に期待を持たれる方が多い)

kazuヒトクローン胚
「私はクローン技術を使った再生医療は容認の範囲ですね。究極の再生はヒトの体丸ごと作ることですが、父を助けるためにはそれしかありません。五体満足な人にはわからない心境でしょう。」(同上)

【まあ賛成】
ChronoLog「いいじゃん別にクローン人間がうまれたって」
(タイトルの通りの意見)

【慎重に】
泥舟の雨宿りヒトクローン胚
「技術的に可能なことと倫理的にしてよいことの区別を科学者にはっきり認識してほしい。」

Purple Aquariusヒトクローン胚容認される
「ES細胞から完全な臓器になるまで育てる事など夢の夢。・・・・技術的にクローンを作製できるけど、人が手を加えたものが、全てが正常に機能している保障はないのです。」(昨日の稿で言及)

七顛八起の日記真剣に考えたい
「日本のトップ頭脳が延々3年間も論議してきた結論とは残念だ。推進、慎重両論あっても、私はやりなおすべきと考える。」

finalventの日記朝日新聞社説について
「社説って無責任でいいなぁ。自分の子どもであるかもしれない受精卵が実験に使われるっていう想像力はないのか。ES細胞については、基礎実験レベルで人間にする必要があるのかわからない。」

Mash Blogヒトクローン胚、難病研究に限り容認
「確かに、この研究が難病に苦しむ人、先天的な遺伝子レベルでの疾患の研究に資する部分が大きいことは理解できます。だから、きちんとした歯止めと枠組みの中で研究されるのなら、有益なものとなるかも知れません。多くの原因不明の疾患で苦しんでいらっしゃる方々にとって福音ともなるでしょう。だからといって、歯止めのない、罰則規定もない中で「初めに研究ありき」の、功労争いを助長するような決定に一抹の不安を禁じえず、あえて疑義を唱えたいと思います。」

みい@ふぁれあ今日の最大関心事は、このクローンです。(ぉ?
「ここで問題なのは、『そのまま子宮に戻せば人間になり得る受精卵』を破壊することが許されるのか?っていうレベルの話しなのかな・・・・」(クローン人間とクローン胚研究をやや取り違え)

【ちょっと的はずれ、あるいはうがちすぎ】
父子子子家庭そういうことだったんだ。
「なぜヒトクローン胚を容認したか?なぜなら、これは小子化対策なんだ。」

|

« ヒトクローン胚を作ること強行採決で容認 | トップページ | ビッグバン以前にも時間と宇宙が存在した? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36654/843398

この記事へのトラックバック一覧です: ヒトクローン胚容認,意見を収集してみた:

» 倫理と医療技術の狭間で。 [行動履歴。]
ヒトクローン胚作成容認 再生医療に向け研究 研究が禁止されていたクローン胚について、 総合科学技術会議生命倫理専門調査会が、 再生医療などに向けた基礎... [続きを読む]

受信: 2004/06/27 02:17

« ヒトクローン胚を作ること強行採決で容認 | トップページ | ビッグバン以前にも時間と宇宙が存在した? »