« オオカミと森の生態系 | トップページ | ボランティア解放の身代金返還を求めるオランダ政府 »

2004/07/27

米民主党大会にブロッガーが正式に参加

米民主党大会にブロッガーが正式に参加することになった。正式に、とは新聞社やテレビ局と同じように報道パスをもらってという意味である。日経ネットも報じている

 この大会には、1万5千人もの報道陣がつめかけるという。それにまじって、たった30人(下に紹介するリストを見ると37人)のブロッガーが入るだけだが、ある程度の客観性を要求される一般報道と違って、ブロッガーは一個人として立っている。個性的な観察や意見が逐次報道されることになるだろう。ブログをやる一人として注目しよう。誰がどういうブロッグに書くかはここに一覧がある(下に参照している rebecca's poket から得た情報)。

 37人のブロッガーのほか、ニュースサイトにブログを書くジャーナリスト(27人)、党大会参加者でブログをする者(34人)、その他15人とたくさんのブログがあげられている。とても読み切れないが、最初にあげたUSA Todayの記事では、ブロッガーのリストの中から、#9,10,14,16,19の名前を挙げて紹介している。そこらにまず注目しよう。

 「ウェブログ・ハンドブック」の著者で、rebecca's pocket のレベッカ・ブラッドは、正式のブロッガーとしての登録を見送り、一般参加者として行くらしい。ブロッガーを正式参加させた主催者の意向にうさんくさいものを感じ取っているようだ。お仕着せの特権的な立場からではなく、一参加者として見てきたいと書いて出かけている。早くもセキュリティチェックに3時間もかかったとか、傘、水のボトル、女性の非常用の笛などが禁止だと報じている。

|

« オオカミと森の生態系 | トップページ | ボランティア解放の身代金返還を求めるオランダ政府 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36654/1064606

この記事へのトラックバック一覧です: 米民主党大会にブロッガーが正式に参加:

« オオカミと森の生態系 | トップページ | ボランティア解放の身代金返還を求めるオランダ政府 »