« 自分に似る中国人を想像してみようと内田樹 | トップページ | 温暖化は異常気象の激化をもたらす »

2004/08/13

BusinessWeek の「地球温暖化」特集は転機になるかも

040813Cover.jpg

 Political Animal の記事 Global Warming が、Buisiness Week 04/8/16号のトップ記事が「地球温暖化」であることを伝えている。内容は月並みだが、Business Week がとうとうこの問題を特集したことに意味があり、転機になりそうな予感がするとしている。
 アメリカの政府と企業が、この問題に冷たいのはご承知の通り。しかし、アメリカの企業社会が自らのために、真剣な取り組みを要求し始めれば、事態は急速に変わる。そのきっかけになるかもしれない。期待しよう。環境論者たちのブログ:WorldChanging:Another World is here でも政治家がごたくを並べてごまかしているのだが、ビジネスリーダーたちが、この問題に注目し始めたと、この特集を歓迎している。

 地球温暖化問題については、養老孟司がれいの『バカの壁』で、否定論との誤解を与えかねないようなことを書いていた。私のHP本館でもそのことにふれた。それ以来気になって、この問題の科学的な根拠について勉強をしている。

Spencer R. Weart:The Discovery of Global Warming
William James Burroughs::気候変動—多角的視点から
酒井治孝:地球学入門

などを参照している。

 地球温暖化問題に的確に対応することは、人類の歴史にとって、過去・現在のありとあらゆる政治・経済・社会問題よりも、重要なことかもしれない。そのことが歴然となった時にはもう遅い。そういう種類の問題だ。

 温暖化問題は、現在の科学技術の既知の手段(15種類あるという)で完全に押さえ込めるというScience04/8/13号の内容を伝えるPhys.org の記事には勇気づけられる。

以下に、別に新しいことではないが、Business Week が載せている 炭酸ガス排出量、化石燃料消費量の年次変化と、気温の推移のグラフを転載しておこう。

040813GlobalWarming.jpg

|

« 自分に似る中国人を想像してみようと内田樹 | トップページ | 温暖化は異常気象の激化をもたらす »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36654/1186798

この記事へのトラックバック一覧です: BusinessWeek の「地球温暖化」特集は転機になるかも:

« 自分に似る中国人を想像してみようと内田樹 | トップページ | 温暖化は異常気象の激化をもたらす »