« 能登への旅から | トップページ | 隣席の人との会話 »

2004/08/25

裂織フェアの案内、ファッションショーにみや登場

040815PostCard.jpg

 私のHPの読者はご存じのことだろうが、連れ合いのみやは裂織をしている。古い着物を幅1センチ未満程度に裂いて、それを緯糸(よこいと)に、手織りで布やテーブルセンター、タペストリーなどを織る。今春の全国裂織展で入選を果たし、裂織作家の末席に連なっているようだ。今回、全国の裂織作家が自分の作品を展示し、販売する裂織フェアなるものが催される。3人の仲間と一つ店(ブース)を出すということで、この数ヶ月作品作りに専念してきた。紙をこよりにしてそれで織った小さなテーブルセンターを出品する。この作品作りの詳細はHP本館の方に書いてある。

 フェアそのものは、講演会や、裂織の衣装をまとってのファッションショーなどもあるようだ(詳細は以下の案内参照)。こともあろうに、みやは仲間に頼まれて、ファッションショーのモデルとして登場する。8月31日(火)一日だけのフェアで、ファッションショーは12時から12時半にかけてあるとのこと。みやをご存じの方はできたら、その時間にいらっしゃって、後にも先にもあり得ない、みやのモデルぶりをご笑覧いただきたい。私もカメラで記録するために会場にいる予定である。

040815Guide.jpg


 上記案内はがきの左上にあるロゴは、みやの織工房に名前をつけ、図案化したものである。みやの本名は美耶子。その「美」をとり、「遊」ぶをつけて「美遊」と名付けた。読みとしてはしゃれてフランス語の"mieux"(ミユ。意味は「よりよい」)としている。

 フェア当日、会場では、多数のブースが出る。みやが出品しているのは、「サロマンブルー山・池・泉」という看板を掲げた17番のブースである。

|

« 能登への旅から | トップページ | 隣席の人との会話 »

コメント

こんにちは!
美耶さんがモデルに! 舞台を歩かれるんですね。凄いなぁ・・、見たいです。では、と直ぐに会場へ行けないのが残念です。
写真で紹介して下さるのを、楽しみに待っています。

投稿: 沙羅 | 2004/08/27 18:35

31日、楽しみにしていたのに、papasanに仕事が入ってしまい、しかもそれが2時から。「午前中行ってこれるね」と言って案内状を見たら、開場が11時なのですね。ちょっときついですね。パンも底をついてきたから、買出しにでかけなければならないのですが、1日開催というのはなかなか大変です。

みやさんのファッションモデルは見たいんだけどなぁ・・・

投稿: mamasanm | 2004/08/28 07:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36654/1278807

この記事へのトラックバック一覧です: 裂織フェアの案内、ファッションショーにみや登場:

« 能登への旅から | トップページ | 隣席の人との会話 »