« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004/09/30

石油生産はピークを超えつつある

 石油の量を一つが1000億バレルの巨大ドラム缶で計ることにすると、採掘可能な究極の埋蔵量はこのドラム缶で18本分となる。このうち8本分はもう使ってしまっていて、残りは10本しかない。10本の内訳は、現在知られている油田から汲み上げることができるのが、8.5本。今後発見される新油田に期待できるのが、1.5本である。そんな予測がなされたのが、1998年のこと。その後も4年で1本のペースで使っているから、現時点では9.5本を使い切り、残りは8.5本になっているはずである。

 石油に関する予測は、データもまちまちで、しかもいろいろな思惑に左右されるものらしい。特に業界の予測は利害絡みで信用できない。上に紹介した予測は、客観的データを積み上げた第3者の専門家によるもので、かなり信頼するに足りるようだ。彼ら(C,J,Campbell&J.H.Laherrere)の論文「安い石油がなくなる」を載せた日経サイエンス1998年6月号は、「しのびよ最後の石油危機」(日経サイエンスのHPから検索経由で書き出し部分を読める)との特集を組んでいて、その巻頭で

石油関連の膨大な統計資料を詳細に分析すると、石油生産は今後10年以内(1998年時点で書かれていることに注意)にピークを越え、その後は坂を下るように減産が進むと予測される。そうなれば石油価格は高騰し、世界景気は低迷、石油をめぐる政治的な緊張が起きるだろう。世界は知らないうちに絶壁の縁に近づいているのかもしれない。

と書かれていた。6年前に予測されたことが、今現実化しつつあるのではないか。

続きを読む "石油生産はピークを超えつつある"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/09/29

113番元素の合成のニュース

 理化学研究所が新しい超重元素を創り出すことに成功したとの報道(朝日新聞04/9/29理化学研究所が新元素発見 名前は「リケニウム」?)には、おめでとうをいいたい。実験の詳細や、その背景などは、理研のHPの該当ページにに詳しく記載されている。

続きを読む "113番元素の合成のニュース"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/28

オオカミは、いるだけで効果がある

040928Wolf.jpg

 04/7/26に書いたブログ・エントリオオカミと森の生態系の補足をする。日経サイエンス04/9月号の記事などを参照して、オオカミが生態系の回復に役立つことを書いたのだった。アメリカのイエローストーン公園で、一度は絶滅したオオカミを再移入して増やしたところ、増殖しすぎて悩みの種だったエルク(大型の鹿)が減り、植生が回復し、生態系が元に戻りつつある、とのことだった。

 National Geographic 10 月号(地球新発見「オオカミと自然」)によると、エルクが減ったのではなく、オオカミがいることで、エルクが用心深くなり、エルクの行動が抑えられ、その結果、植生が回復したのだという。オオカミの群れが、エルクをどんどん捕食する血なまぐさいシーンを想像して、それがいいことなんだ、と考えなくてもいいようだ。さすがは、オオカミ。いるだけで役に立つのだ。

続きを読む "オオカミは、いるだけで効果がある"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/27

日本を拠点とする米軍再編の動き

 米軍の再編問題に注目している。日本に駐在する米軍が、日米安保の範囲を超えて、世界規模の重要戦略拠点になりかねない。国際紛争に軍事力で関与しないはずの日本が、軍事力をもって世界ににらみをきかせる米軍の拠点になるというのは、じつにおかしなことだ。

 この問題は、韓国での米軍兵力を削減するという報道がなされたころから、関連して日本で何が起きるのか、関心を持ってきた。驚かされたのは、04/9/22に朝日新聞がトップ記事で伝えた 日本拠点、極東超え部隊指揮 米軍再編で米政府が計画である。日本駐在の米軍を中東やバルカン半島までにらむ「戦力展開拠点」とするとか、そのために現在米国にある陸軍第1軍団司令部を日本に移すというのである。

続きを読む "日本を拠点とする米軍再編の動き"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Blogoshpereについて追記

  一昨日書いた直ぐ下のエントリ 「Blogoshpere、ブロッガーが創った言論空間」 を書いたあと、深夜のNewsが、Andrew Sullivan を引用して書いておられるエントリ:CBS騒動はパジャマを着た人々の時代の始まりかを知った。また、CBSが例の誤報事件について全面撤回ということになった。それらについて、別エントリとせず、前エントリへの追記として書いた。ということに注意喚起するためだけのための本エントリ。ややこしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/25

Blogosphere、ブロッガーが創った言論空間

 大統領選を間近に控えたアメリカの言論界で、ブロッガーが活躍している。最近起きたある事件でのブロッガーの活躍が、大マスコミにいるジャーナリストたちを震え上がらせた。CBSテレビのスター的なキャスターが、ブッシュ大統領の軍歴問題で偽情報をもっともらしく報じた。偽物であることを、直ちにブロッガーに暴かれ、番組を降りるに至った。この事件については、日本語のブログでも、極東ブログ米国ブログが既存ジャーナリズムを叩き潰した(04/9/21)むなぐるま(アメリカ在住の人文系研究者による日常観察・オピニオン系blog)メモ疑惑:日米ジャーナリストの反応(04/9/23)ほかのエントリなどがいち早く取り上げている。新聞では、産経新聞(04/9/23)古森義久「米大統領の軍歴 CBS誤報 政治偏向の暴走/ブッシュ氏思わぬ“贈り物”」が扱っただけのようだ。

 アメリカの言論界では、既成マスコミに加えて、ブロッガーが創り出す言論空間(Blogosphereという名称が付けられている)が侮りがたい位置づけを獲得したようだ。日本ではまだまだだと思うが、プロ野球のスト問題で、読売新聞の社説に対する批判が、じつに多くのブロッガーからあげられたことを見ると、日本にもブロゴスフェアが育ちつつあるように思う。

 最新刊の”TIME”誌9月27日号で、Andrew Sullivan が、ブログの役割についてコラムを書いている。それを読んでみよう。『一人のブロッガーの信条』というタイトルだ。Sullivan 氏は、かつて New Republic の主筆であったが、現在は自分のブログandrewsullivan.comを中心に活躍している。

続きを読む "Blogosphere、ブロッガーが創った言論空間"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/09/24

良い労使交渉だった

 最近は労働組合の存在感が薄れている。ストもめったにない。そんな中で、労働問題から遠いところにあったプロ野球で、典型的な労使紛争が起き、労働者側の選手会が良く闘って(古田の指揮ぶり見事)、経営者側の譲歩を勝ち取った。久しぶりに労働組合の存在価値を明らかにしてくれた。「プロ野球選手がストをするなどもってのほか」との声もあったが、その中でストを敢行したのは良かった。ねばり強い交渉をしたあげく、最後の手段としてストに打って出ざるをえなかった選手たちの判断を、大部分の人は理解した。「ストをやるならやってみろ」という強硬論に引きずられた使用者側も、国民世論がどこにあるかを知り、妥結の道を求めた。単に妥結だけではなく、プロ球界を再生させようとの機運が、労使両者に出てきた。ストをやってこそ開けた道である。

続きを読む "良い労使交渉だった"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/23

華氏911

 今さら話題に取り上げるのも旧聞に属するのだが、遅ればせながらマイケル・ムアの評判作「華氏911」を観たので感想を書いておきたい。見終わっての率直な感想は、あまり上出来の映画じゃあないな、むしろちょっとえげつない映画だなあ、これじゃあ、ブッシュやその支持者には大してダメージにならないのじゃあないか、というようなネガティブなものだった。政治プロパガンダ色が強くて、偏っている。ユーモラスに作ろうと努力しているのは分かるが、ストレートな政治的主張が諧謔味を殺いでしまっている。ブッシュのアメリカがやっていることに疑問を持っている人にとっては、当然視している見方の繰り返しに過ぎないし、ブッシュ支持者には反発を招くだけだろう。肝心の中間にいる人にどれだけ説得力があるだろう。だいたいブッシュだって、いくら何でも、この映画が描いているほどお馬鹿さんではないだろう、と思われてしまっては、どれだけ映画のメッセージがまともに受け止められるだろうか。

 この映画が全米でドキュメンタリー映画としての上映成績の記録を作っているとの評判を聞くが、最近のブッシュの支持率の上昇は、この映画が期待したほどの影響を持つどころか、かえって反リベラルの側へ追いやっているのではないか。そんなことを思ってしまった。しかし、映画の全体と細部をあとで思い出してみると、アメリカという国のありように怒りを覚え、このような映画を作らざるを得なかったマイケル・ムーアの気持ちも理解できてくるのである。

続きを読む "華氏911"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/09/19

あとしばらくOffは続く

 東京滞在は消耗の日々です。日中の蒸し暑さが、消耗に輪をかけます。用事のため半日足らず外出すると、あとは自宅でぐったりです。飲んで早めに寝てしまいます。すこし気力の残った時間をつないで、一つエントリを書きました。東京滞在はあとしばらく続きます。またOffに戻ります。あしからず。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オサマ・ビンラディン側から見たら

 01年9月11日を境にして、世界は変わった。それから3年。この間の経緯を、国際テロ組織アルカイダの指導者オサマ・ビンラディンから見たら、どうだったのだろうか。彼の世界戦略からすると、望外の大成功だった。しかもそのために誰より手助けしたのが、ブッシュ大統領だった。

 そんな結論を導いているのがミシガン大学の中東史の教授 Juan Cole である。彼のブログ(Informed Comment)を紹介してくれたのが、いつも読みに行く Political Animal9/11のエントリでだった。以下これを抄訳しながら紹介してみる。

続きを読む "オサマ・ビンラディン側から見たら"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/14

しばらくOff

 しばらく東京で、例のごとく飛んだり、はねたりしてきます。落ち着いてものを考えたり、ブログを書いたりの気分になれないでしょう(たまにはノートパソコンにモデムをつないでアップするかもしれませんが)。9/23まではこのページはOffとご承知ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/12

3年前,9/11翌日のNYT社説を読み直す

 3年前の9/11について、昨日は不謹慎な思い出を書いたが、もう一つ思い出したことがある。それは事件の翌日のニューヨークタイムズの社説である。何か頼りなげで、茫然自失、という印象を持った。その後ブッシュのもとで復讐戦に転じることになるのだが、事件直後の NYTimes 編集局のありのままの空気は、事件をどのように受け止めたらいいのか分からぬまま、事件のショックをやや叙情的に伝えていた。当時のスクラップを取り出して読んでみた。一部を訳出してお目にかけよう。タイトルは”The War Against America; An Unfathomable Attack”である。私の読んだのは、それが転載されたInternational Herald Tribune で、タイトルは "Mourning in America" になっている。 書き出しはこうである。

 普通の状態を想いおこしてみよう。もしできるなら。火曜日の日の出のとき、ニューヨーク市がいつも通りだったことを思い出してみよう、9月初旬の美しい夜明けだったことを。・・・数え切れない習慣や手順が全部いつも通り街では進んでいて、壊れていなかった。無邪気ともいっていいやり方でみんなが動いていた。
 それらすべては、午前10時半までに失せてしまった。マンハッタン南地区は、ポンペイと同じ灰の殻になってしまった。・・・アメリカ人全部にとって考えられないようなことが現実になった。
 ジョージ.W.ブッシュは、この火曜日をわれわれは決して忘れないだろう、といった。それは、本当に、歴史の分かれ目になる瞬間だった。これ「以前」と「以後」に分けて世界を考えることになるだろう。

続きを読む "3年前,9/11翌日のNYT社説を読み直す"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2004/09/11

9/11と二日酔いの思い出

 3年前の9月11日の衝撃を、きわめて個人的な思い出とともに、鮮やかに記憶している。当日、9月11日一日を、私はそれまでに経験したことのないひどい二日酔い状態で過ごしていた。前日、すでに退職していた私に、以前の仲間からの誘いがかかった。みんなで久しぶりに集まって飲むのだが、銀座の行きつけだった飲み処へ出てこれないかと。ちょうど東京に出ていたのだが、音楽会へ行く予定があった。チケットを無駄にできないと、それを済ませて、遅くなってから飲み会に駆けつけた。座はすっかり盛り上がっていた。私は急ピッチで飲みながら、みんなの話題に追いつこうとした。いつのまにか、それは毎度のことだったのだが、私は誰彼をつかまえて、がんがん議論しまくっていた。そうなると、話のほうに夢中になってしまい、手はグラスを口に運ぶ自動マシンになってしまう。好みのワイルドターキーの水割りが、ひどく濃かったのをあとから思い出した。どういう具合に四谷の自宅に帰りついたのか、覚えていない。多分深夜の2時か3時、タクシーで送り届けられたのだろう。

続きを読む "9/11と二日酔いの思い出"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/10

韓国原子力の度重なるミスにあきれるが

 先日のウラン濃縮の報道に続いて、今度は韓国がプルトニウム抽出をやっていたことが明るみに出た。先日の件で、この報道はクールに受け止めた方が良いことをその背景の解説を含めて書いた。今回も同じ考えだが、西側民主主義国家の一員として、韓国がこのような問題への意識が低かったことは残念だ、とだけは追加しておこう。

 韓国は原子力に関しては、米国に首根っこを押さえられている。原子炉も核燃料も米国からの、あるいは米国の承認のもとでの輸入、あるいは日本企業との協力などに頼っている。アメリカとの原子力協定で、ウラン濃縮も再処理もしないことを約束している。2000年に行われたと報じられているウラン濃縮実験程度、すなわち実験室規模のもの、を短期に試行するするぐらいのことはできても、核兵器開発につながるような大規模開発は、IAEAに隠れて進めることなどとうていできない。米国との政治経済的なつながりを断つくらいの覚悟がなければできないことだ。それはするまい。

続きを読む "韓国原子力の度重なるミスにあきれるが"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2004/09/09

東京の開発ラッシュに首をかしげる

 水戸に住みながら、東京へしばしば出かける。都心の比較的便利な場所に隠れ家をもち、月に2度か3度、数日滞在しては戻ってくる。そんな折、東京の街歩きが好きだから、あちこち見て歩く。このところ東京の至るところで、大型の開発が進んでいるのに驚かされる。日本経済の実態と将来予測からして、この開発ラッシュは健全な姿なのだろうか、疑問をいだく。

 ここ2,3年を振り返っても、六本木ヒルズ、汐留シオサイト、東京駅前の丸ビルの建て替え、品川インターシティを追いかけるように整備された品川グランドコモンズなどが目立った。それらが完成した時期に、東京でのオフィス・スペースが供給過剰であるため、古いオフィスから新設のインテリジェント・ビルへの会社事務所の移動にともない、中・低層の古いオフィスビルに空き室が目立つことが問題となった。

 その後も、オフィスビルの新設ラッシュは止まるところを知らないようだ。たとえば東京駅周辺では、戦前からの古い由緒あるビルの建て替えが進んでいる。この場合は外装を残すなどの配慮がなされているが(たとえば明治生命館)、戦後建てられた安っぽいビルは、いとも簡単に取り壊され、新しいビルへの置き換えが進んでいる。八重洲口の国際会館が壊され、新しいビルの建設が進んでいる。八重洲口の南北にツインタワーが建ち、今の大丸の入っている鉄道会館はいずれ取り壊されるらしい。丸の内側も丸ビルの再建に止まらない。旧国鉄本社跡に大きなビルの建築が進んでいるし、新丸ビルも建て替えになるらしい。

続きを読む "東京の開発ラッシュに首をかしげる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/08

ロシアがチェチェンでやっていること

040908Chechnya.jpg

 ロシアのコーカサス地方、北オセチア共和国の小学校で起きた事件は、多くの幼い小学生をターゲットにした残酷なものだった。要求を掲げて交渉するという態度もなく、多くの犠牲者を出すこと自体が目的だったと見られる。事件を起こしたチェチェンのテロリストへの非難が高まっている。しかし、この事件を考えるとき、ロシアがチェチェンにどのように極悪非道なことをやっているか、それがチェチェン人にどんなに耐え難いものであるかをあわせて考えないと、判断を間違うと思う。

 ここに転載した写真(クリックすると拡大した画像を見ることができます)は、チェチェンの首都グロズヌイの大統領官邸前の状況である。1995年3月に撮られたもので、広河隆一編集の「Days Japan」04年9月号に出ている。現地の惨状を生ま生しく伝える多くの写真が出ている。林克明(この人のチェチェンに関する本はここ)が記事を書いている。ごらんになることを奨めたい。

続きを読む "ロシアがチェチェンでやっていること"

| | コメント (4) | トラックバック (2)

台風が熱帯の暑い空気を持ってくるから?

 気象情報で、気象予報士が「台風が熱帯の暑い空気を持ってきたため、明日は暑いでしょう」という。先日も同じようなことを言った予報士がいた。ほんとうにそうなのか。台風18号が通り過ぎた今日、どこも暑い。特に関東地方は暑い。水戸では35度になるという。台風ははるか北の北海道を通過しつつある。この関東地方の暑さを、台風が持ってきた熱帯の空気で説明するのは無理ではないか。北にある台風に向かって、日本のすぐ南にある太平洋高気圧から南風が吹き込むために暑い、と説明するのが順当なところだろう。

 台風が熱帯の暑い空気を持ってくるから、というのは素人わかりするが、この場合は間違ったいい方だ。科学的なことを分かりやすくするために、ときどきそのような表現が使われる。高い木の葉っぱを食べるためにキリンの首は長くなった、というような説明もその類だ。分かりにくくても正確な表現を望みたい。

 台風は熱帯の暑い空気を持ってくるか。気になったので考えてみた。

続きを読む "台風が熱帯の暑い空気を持ってくるから?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/07

歴史家に評価されなくていいとブッシュ

 TIME誌04/9/6号はブッシュ大統領の世界像をあらためて点検する特集を組んだいる。4ページにわたる本人とのインタビューで本音を聞き出している。相変わらず甘い自己評価ばかりだが、目をひいたのは歴史家は俺を評価しないだろうという告白である。

 オレは自分の政権がやったことについて歴史家が書くことを、生きている間、読むつもりはないよ。短期的な歴史家の評価を信用しないから。歴史家の大半は、オレに投票しないだろう。だから彼らは客観的な歴史を書くはずがないよ。でもずっと時がたってみれば、この政権は多くを成し遂げた、変化の時代をきちんと受け止め、その変化にうまく対応する政治をやった、と歴史家は認めるとおもうよ。

続きを読む "歴史家に評価されなくていいとブッシュ"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/09/05

韓国のウラン濃縮実験を責められるか

 韓国が国際原子力機関(IAEA)に未申告のままウラン濃縮の実験をしていたことが報じられ、日本に大きなショックを与えている。私は、未申告は咎められるべきだが、実験自体はもっとクールに受け止めてもいい、と考える。ショックを受け、怒っている人たちは、日本が1970年代以来、はるかに大規模に、実験だけではなく、開発試験を行っていたことをご存じなのだろうか。韓国では0.2グラムがとんでもなくて、日本では数百グラムか、キログラム作ってもいいというのだろうか。この機会に、このような核技術開発競争の構図が、お山の大将ゲームに似て、おかしなものだということを書いてみよう。

続きを読む "韓国のウラン濃縮実験を責められるか"

| | コメント (11) | トラックバック (1)

裂織フェアでのみや

040905Fair.jpg

8月25日のエントリに書きましたように、裂織フェアにパートナーのみやが参加しました。会場で開かれたファッション・ショーに、仲間の山本雅子さん製作のポンチョを着て、モデルをつとめました。詳しくはHP本館「『全国裂織フェア2004』に参加して」と題して書いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/04

自己実現の夢が破れた雅子妃

 雅子妃が久しぶりに報道カメラマンの前に姿を見せた。ちょっと微笑んで小さく手を振っている姿が映っていたが、いったいどんな心境にいるのだろうか。皇太子の思いきった発言以来、その発言をめぐってさまざまな報道や意見表明がなされている。いくつかを読んだが、雅子妃の近況について、いちばん的確な論評は、雑誌「創」9.10月号に掲載されていた大塚英志と香山リカの対談「雅子妃騒動が浮き彫りにした象徴天皇制の内実」であると思った。

 いろいろな論点に触れていて、タイトルのように天皇制そのものが壊れるのではないのか、というあたりまで論じているのだが、私が注目したのは、この問題は一人の女性としての雅子さんが自己実現の夢に破れた悲劇ではないか、と鋭く指摘している点である。

続きを読む "自己実現の夢が破れた雅子妃"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004/09/03

小沢の「岡田いじめ」に注目する

 民主党代表選にあたって、小沢一郎が岡田克也の再選に待ったをかけたのは、この人一流の嫌がらせに見えたが、必ずしもそうではないと考える。これからの憲法改正と安全保障問題についての小沢の見通しは、意外に当たっているのではないか。

 岡田は参院選後アメリカへ行き、「憲法を改正した上で、国連決議のある場合に、日本が海外で武力行使ができるようにすべきだ」という趣旨の講演をして、注目された。小沢は、この岡田発言を問題にしている。彼の意見は「憲法は簡単に変えられない。政権を担当するなら、今の憲法下でどうするのかを当然考えないといけない」というものだ。この意見は筋が通っている。

続きを読む "小沢の「岡田いじめ」に注目する"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004/09/02

香月泰男展@水戸

040902Kazuki.jpg

シベリア抑留生活を、独特の表現で描き続けた香月泰男(かづきやすお)の没後30年を記念する大規模な展覧会『香月泰男−〈私の〉シベリア、そして〈私の〉地球』が、水戸に来ている。よく知られている「シベリア・シリーズ」は、全点を所蔵している山口県美術館ですら、一度に全部を展示できない。その全点を含めて、戦前の作品、戦後のシベリア以外の作品を含めて、おもちゃや陶器まで、170点が展示されている。圧倒されるような充実感だ。じっくり見るなら3時間はかかる。

 立花隆は、この香月に特別思い入れがあり、長年にわたり書いてきた香月論を『シベリア鎮魂歌−香月泰男の世界』と題して出版したばかりであるが、そこで、香月の「シベリア」は画集で見るだけでなく、実物を見るべきと言っている。なるほど、見てみると分かる。木炭を混ぜて厚く塗り固め、さらにその上に色を載せた絵画は、レリーフのように立体的凸凹感があり、さらにその質感は、実物でなければ到底味わえない。

続きを読む "香月泰男展@水戸"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/09/01

浅間山の噴火(9/2の追記あり)

 浅間山が噴火した、とテレビ・ニュースが伝えている。8月の初旬、軽井沢の西部、信濃追分に滞在し、浅間山の中腹にある石尊山に登ったりしただけに、この身近だった山の噴火に驚いている。火山弾が飛び、溶岩も少し流れ出しているようだが、主として浅間山の北側の群馬県側のようだ。

 浅間山の近況写真は、半月ほど前に書いた以下のエントリでごらんいただきたい。

信濃追分の夏(04/8/8)
石尊山に登る(04/8/11)

前者にある写真は今年のもので、噴煙が目立っている。後者のエントリの冒頭に掲げた画像は、石尊山の位置を示すために掲げたもので、去年撮ったものである。このときは噴煙はほとんどなかった。確かに今年の浅間山は火山活動が盛んなようだ。この状態では、石尊山も登山禁止だろう。それが続くとしたら、私たちの今年の登山経験は、いいチャンスだったことになる。噴煙の流れ方次第では樹木は枯れる。石尊山のあたりも様子が変わるかもしれない。

【04/9/2追記】その後の詳しい情報をまとめて書いているPurple Aquarius: 浅間山の火口温度は上昇していたが参考になります。火山活動レベルは2から3へあげられました。石尊山登山は、レベル2以下の場合には許されていましたが、これで登れなくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

夏休みは終わった

 遊び人が夏休みなどというのはおかしいが、遊び人にも日常と非日常がある。今年の8月は、珍しく非日常が続いた。本日9月1日をもって、それも終わり、普通の生活が戻ってくる。デスクトップパソコンから離れていた。ダイアルアップ接続のノートパソコンでは、メールもブログも、そして画像処理もままならなかった。明日からは、パソコンの前で多くの時間を過ごし、本や雑誌を読み、何か考えをまとめるという、普通の生活が戻ってくる。

 蟄居に近い生活を離れて、あちこちに出歩き、人に会ったりすると、それだけ世の中が見えてくるかというと、かえってそうではない。自分の居所にいて、新聞や雑誌をじっくり読み、馴染んだブログを中心にネット上の情報に接している方が、持続的に世の中の変化が見えている。出歩いて、それらから断絶した生活をしていると、世界から遠くなる。

 非日常の日々を過ごして失っていたものを取り戻し、ネットの世界にできるだけ早く復帰したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »