« 石油生産はピークを超えつつある | トップページ | 中国の鵬、日本の野分、白川静の台風論 »

2004/10/02

アメリカに目を向ける日々、なんだか変かな

 昨日・今日は、一日中アメリカに目がいってしまった日だった。考えてみればこのところそのようなことが多い。大統領候補の討論と、イチローの記録達成とである。そんな関心のもちようは、政治でもスポーツでもアメリカが世界の中心になっているのだから、自然なことではあるが、何かおかしいとも思う。日本人が、これだけアメリカへ目を向けているのに、アメリカ人は自分のことしか考えていない。大統領選討論でも、問題は世界のためにアメリカは何をするか、ではなく、どちらの候補のほうがアメリカとアメリカ人のために正しい政策を持ち合わせているか、を競っている。イチローの記録達成をアメリカ人も大喜びしている。日本人だなどという意識はほとんどなく、スズキという大リーグプレーヤーがすごい記録を作った、という観点である。日本での騒ぎようも、俺たち日本人の一人が、世界の大舞台で記録を作った、それは日本人の誇りだ、というとらえかたなのだろうが、それはこちらだけの勝手な見方。そんな、こんなを考えながらも、アメリカに目を向けて、情報を読む日々である。

 大統領候補討論は、案の定、ブッシュが弱みをみせたようだ。一本調子の決まり文句の繰り返しで、表情もうつろだったり、うろたえたり、しかめっ面をしたりと、印象が悪かったようだ。持ち時間制だのに、制限時間を余したまま、口を閉ざしてしまったり、意味のないことをしゃべって、時間つぶしをしたりするのが目立ったようだ。論戦の一言一句を記録したものはあちこちにある。たとえば以下:論戦のテキスト

 論戦終了後、あちこちのプログを読みあさった。私の見るブログは、ほとんど民主党支持のひとばかりだが、彼らは一方的にケリーの肩を持つというより、割と冷静に分析している。共和党系のブログを知らないが、ふだん各種の話題満載ゆえにのぞきに行くブログ:instapundit.comがブッシュに肩入れし、ケリーの攻撃をしていることから、共和党系なのだと知った。彼らがもてはやしている言葉は、"Global test"である。ケリーがイラク参戦は、国際社会の同意を得て進めるべきであった、といったのを、それじゃあ、アメリカは何をするにしても、全世界からの試験をうけなければいけないのか、と反論している。世界一で、我が道を行こうとするアメリカ人の自尊心をくすぐる、いいネタである。こんな試験問題なんじゃないか、というようなふざけた例題が並べられていたり、問題はフランス語で書かれたているんじゃあないか、というような冗談も飛び交っている。共和党系のブログは、どうも罵詈雑言が多いような印象。

 そう、日本語で書かれたアメリカ在住の方のブログ:「むなぐるま」第一回大統領選討論は、中立的な見方から、印象を記している。ブッシュはイライラして、感情的な反論が多かった。ケリーは終始安定していた、と書いておれる。

TalkingPointsMemoは毎日読みに行く政治評論家のブログで、討論直後の印象から、翌日の反響まで詳しい。
ケリーは、ブッシュ政権がイラク戦争に何の計画もなく入っていき、何が起きているかを曇りない目で見ることに失敗したと、明快で力強く語った。大統領がリーダーシップといっているものは、頑迷さそのものだ、という印象を与えるのに成功した、と大いにケリーの肩を持っている。このところのケリーの支持率の低下は、ブッシュ支持というより、ケリーは信頼できない、との宣伝の影響が大きかったので、今回の討論で取り戻せたのではないか、と期待しているようだ。どうだろうか、選挙民は自分の支持者のいい面だけを見ようとするだろう。

Political Animal : DEBATE LIVEBLOGGING....もケリー寄りで書いている。今回は討論と同時進行で、ブログを書こうとした人が多いらしい。それをLive Blogging というようだ。みんながネットに殺到したので、サーバーの反応がにぶく、うまくいかなかったと告白している。

サンタフェから発信される好きなブログ:dangerousmeta印象を書いている。ブッシュの口調はとぎれがちで、何か考えをまとめているようだが、出てくるのは貧相な表現だけだった、と手厳しい。討論にケリーは勝ったが、前回のゴアの時と同様、言論を変な方向へねじ曲げる(spinということばがよく使われる。もともとは糸紡ぎのことだが、スケートのスピンのように、くるりと回ること、ひいては、マスコミなどの操作で、評判をひっくり返すことをいうようだ)のが、共和党の得意技だから心配、と追記している。

ほかに、マイクロソフトのオンライン・ニュース雑誌Slateからは二ついい論説を読んだ。Out of the Question、Is Bush's biggest mistake too awful to admit?、と Kerry Takes Round 1,The challenger dominates the foreign-policy debate.
andrerwsullivan.comもいい記事を書いているが、紹介は省く。

 NYTimesでは、翌朝の記事を二つ読んだ。Bush and Kerry Follow Debate With Sharp JabsA Day After, Campaigns Assess How Candidates Fared

 PCに取っついて、こんなものを読んでいる自分のあり方を、いささか自嘲したのが、最初に書いたこと。そこで書いたイチローのことも。イチローの記録達成について、NYTimes は試合から報じていた。Suzuki Breaks Record for Hitsこの記事ではもっぱらSuzukiで呼ばれている。この記録に達するプレーヤーは、今後イチロー本人以外にはいないだろう、という同僚の言を伝えている。何しろ現在イチローの次の最多安打者は44本も下にいるだけだなのだそうだ。彼が日本出身であることはいっさい言及されていない。

|

« 石油生産はピークを超えつつある | トップページ | 中国の鵬、日本の野分、白川静の台風論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36654/1573782

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカに目を向ける日々、なんだか変かな:

» イチローが歴史を動かした日 [塩カル蒔くのも楽じゃないのよ]
1920年から誰にも破られなかった記録をイチローが飛び越えていった。毎試合淡々と積み重ねてきた数字は嘘をつかない。明日も明後日も来シーズンもイチローは淡々と数字... [続きを読む]

受信: 2004/10/02 18:05

» イチロー259 [左舷より転進]
大リーグの主要な打撃記録の中で最も長く破られず、 [続きを読む]

受信: 2004/10/02 19:03

» イチロー3安打で記録更新 [再度アクセスして下さい]
米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手は1日(日本時間2日)、本拠地シアトルで行われたレンジャーズ戦で5打数3安打をマークし、大リーグのシーズン最多安打記録を「... [続きを読む]

受信: 2004/10/02 19:25

» イチロー選手大リーグ年間安打記録更新 [古紙使用率70%]
日本人メジャーリーガーがすっかり珍しくも無くなった2004年シーズンを [続きを読む]

受信: 2004/10/02 19:49

» イチロー259安打 [悪いやつは誰だ]
イチロー、年間安打数259本に・大リーグ記録を更新 [続きを読む]

受信: 2004/10/02 19:57

» Major: Ichiro 259 hits. [Nantokanarusa]
米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手(30)=本名・鈴木一朗=は1日、 [続きを読む]

受信: 2004/10/02 22:34

« 石油生産はピークを超えつつある | トップページ | 中国の鵬、日本の野分、白川静の台風論 »