« 再処理優位へと舵取り:原子力長計策定 | トップページ | 宮本輝『草原の椅子』 »

2004/10/12

原油価格が高騰を続けている

041012OutOfGas.jpg

 先日、石油生産はピークを越えつつあるを書いたばかりだが、その後も価格上昇が続いている。現在54ドルを超えているそうだ。12日朝NY取引所では1バレル54.10ドルとなった。(産経Web04/10/12 19:01NY原油、54ドル突破 高値更新、供給不安が拡大

 石油価格は過去3年着実に上がり続けている。以下に示す原油価格の年変化のグラフはKelvin Drum の Political Animal (石油価格は上がり続けている)から転載したものである。

041012Oil_Price.jpg

 彼が引用して書いているところによると、現在は供給が需要をまだ1%上回っている。これが逆転して供給が需要を1%下回るようなことに、2005年後半のある時期になりそうだという。そうなるとどんなことが起きることだろう。価格は暴騰し、50ドルですんでいた時代を懐かしく思いおこすようなことになるのではないか、と書いている。

 最初の画像は、D.Goodstein が石油時代終末の到来が近いことを警告した近著の表紙。紹介はいずれ。

|

« 再処理優位へと舵取り:原子力長計策定 | トップページ | 宮本輝『草原の椅子』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36654/1661304

この記事へのトラックバック一覧です: 原油価格が高騰を続けている:

« 再処理優位へと舵取り:原子力長計策定 | トップページ | 宮本輝『草原の椅子』 »