« 年金生活者の確定申告 | トップページ | ポルトガルへの旅から帰国 »

2005/02/27

ポルトガルへ

 ポルトガルへ旅に出かけてくる。先日ニューヨークへ行ったばかりではないか、といわれそうだが、それは予定外の旅行だった。ポルトガルは、その前からの計画である。毎年ほぼ2回のペースで海外に出かけている。このところ、ヴェトナム、ミャンマー、そして去年のフンザ(北パキスタン)と、アジアに目を向けてきた。アジアは、人々に活気があって、生きる原型を見せてくれるような気がする。写真を撮る意欲もかき立てられる。私は好きだ。だが、問題もある。ソフィスティケートされていない分、やわな生活に慣れた身にはこたえる。まして老年者には。連れ合いのみやが音を上げて、しばらくアジアには行きたくない、という。私には平気どころか、むしろ楽しめたフンザの旅行(これについてはホームページ本館の方の旅日記掲載が完了しました。ごらんになってください)が、相当つらかったらしい。断崖の道を車が尻をバウンドさせたりして走るスリルが、こちらには楽しかったが、あちらには死ぬ思いをさせたらしい。溜まったストレスが回復するのにだいぶ時間がかかった。

 そこで、今度は、ポルトガルというわけである。特に何か目的や理由があるわけではない。ヨーロッパではまだ行ったことのない国である。古いヨーロッパを見ることができるという期待がある。もっとも、EUとなり、万博があったりして、ポルトガルもすでに昔のポルトガルではない、という人もいる。北部のポルトから、中央部のリスボンまで、ポーサーダ(古い宮殿などを改装した国営ホテル、主として田舎にある)を泊まり歩き、最後にリスボンで、4日間自由に過ごしてくる。人なつこく、食べ物は日本人にとって親和性があるという。その国を見、人々と親しんできたい。何を写真に収めてくるか。それにも工夫してみたい。

 いつも持っていくノートパソコンを今度は持たずに行く。写真画像のビューアー&ストレージの役割として必要がなくなった(単体でそれに代わるものが使えるようになった)。メールやインターネットなしで、旅に没頭したい。そんなわけで、しばらくこのブログはブランクとなる。3月16日に帰ってくる予定である。それまではoffということで。

|

« 年金生活者の確定申告 | トップページ | ポルトガルへの旅から帰国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36654/3101868

この記事へのトラックバック一覧です: ポルトガルへ:

« 年金生活者の確定申告 | トップページ | ポルトガルへの旅から帰国 »