« スピードを競う京阪神の電車運行が遠因か | トップページ | 温暖化対策が動き出すが »

2005/04/29

シャラノキ枯れる

050429


 自宅の私の定位置から、はめ殺しの縦窓越しに、目を楽しませてくれていたシャラノキが、今年はいっこうに芽吹かない。近所にシャラノキの並木がある。昨日見に行ったら、若緑の葉を大きくを広げている。わが家のシャラノキは枯死したらしい。昨夏の猛暑のせいだろうか。

 「シャラノキ」は俗称で、ナツツバキ(夏椿)が正しい名前である。ほんとうのシャラノキは別にあって、フタバガキ科のサラソウジュである。釈迦が死に涅槃(ねはん)に入ったときに、その四方に2本づつ生えていた木が、沙羅双樹と呼ばれ、菩提樹とともに、仏教の聖木となった。日本では、寺院の庭園などに植えられた夏椿がシャラノキと誤認され、そう呼ばれるようになった。

 夏、おびただしい数の白い花が次々と咲く。咲いた花は一日で落ちる。それが6月から7月にかけて続く。伸びた枝の下に車を置いているワイフは、多数の落花による汚れを気にし、このシーズンになるとぼやく。隣家に枝を伸ばしているせいもあって、いっそ切ってしまおうかと言い出したこともある。家のことには何であれ尻の重い私は「まあそのうちに」と先送りしてきた。

 この木は、30年近く前、この地に移り住んで来てまもなく、1メートル程度のひょろひょろの若木を、植木市で買い求めて植えたのだった。書斎を増築したときに、植え替えも考えたが、なんとか動かさずにすんだ。車を2台使うようになって駐車場を広げる工事をしたときには、コンクリートの床と縁どりの壁が、根元から50センチ足らずまで迫り、大きな根をいくつか切った。それでもけなげに成長を続け、今では高さ7,8メートル、幹の太さは直径20センチほどになっていた。

 昨年の夏は、記録的な猛暑であった。秋の黄葉を待たずに、葉が枯れ落ちた。異常を感じたのだが、落葉のあとに、翌春に向けての芽はしっかりつけていた。けなげだと芽吹きを待った。今朝、芽をつまんでみると、完全に死んでパサパサになっている。根からの水揚げができず、葉が枯れ落ちるなかで、木は最後の生命力をしぼって、芽まではつけたが、そこで枯死したらしい。この場所はわが家にとっては裏庭で、水撒きのホースが伸びない。半日は向かいの林の日陰になる。周りの草木は青々としている。猛暑ではあったが、水不足を心配しなかった。

 尻の重い私も、枯れた木をそのまま放っておくわけにはいかない。近々始末をしてやらねばなるまい。太い幹や枝は短く切り、信濃追分の友人の山荘に行ったときに、暖炉の薪にしてもらおうかと考えている。

 まだ生きていた頃のシャラノキの緑は、私のプロフィール欄に掲載した魚眼写真に写っている。

|

« スピードを競う京阪神の電車運行が遠因か | トップページ | 温暖化対策が動き出すが »

コメント

残念ですねえ、ナツツバキ。小生は持ってませんが、夏に花を咲かせる数少ないとても魅力的な木で一本欲しいと思ってました。やはり寿命なのでしょうか。でも、来年水をやると復活するかも知れないので、薪にするにはまだ早いかも知れません。私もドウダンツツジを枯らしてしまったことがありますが、樹に死なれるのにはつらいものがあります。同情します。

投稿: 余丁町散人 | 2005/04/29 18:50

園芸をよくする余丁町散人さんからコメントをいただき、恐縮です。私はもっぱらワイフ任せ。庭いじりはしません。それでも今朝は、大きくなりすぎたキンモクセイの枝を切りました。今ごろはそんなことをやる時期ではないのでしょうが、私の動きが悪くて、遅れました。花粉症の心配がほとんどなくなり、ワイフがやっと外に出て庭いじりができるようになったこともあります。私は花粉症は平気なのですが。ナツツバキ、わずかながら生きている可能性がありますかね。もう少し様子を見てみましょう。根もと近くの幹にカンフル注射みたいに,液を注入しているのを見たことがありますから、そんな手もあるかもしれませんね。

投稿: 余丁町散人さん | 2005/04/29 19:39

ナツツバキは直射日光に弱いと聞いたことがあります。
南向きに植えてはいけないとも聞きました。
陰樹なのだと思います。
私もかつて枯らしたことがあります。
住宅にはエゴかリョウブの株立ちが無難なようです。

投稿: 魔法使い | 2005/05/01 19:21

陰樹なのですか。日光に弱い? それじゃあ、去年のカンカン照りと高温では、枯れますね。たくさんの葉をつけすぎていて、根からの吸い上げが間に合わなかったのでしょう。
近くの旧国道が拡幅されて、歩道も広くなったときに、ナツツバキが並木として植えられました。まだ3年目だと思います。一日中よく日が照っていますが、大丈夫でしょうかね。

投稿: アク | 2005/05/01 20:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36654/3906372

この記事へのトラックバック一覧です: シャラノキ枯れる:

« スピードを競う京阪神の電車運行が遠因か | トップページ | 温暖化対策が動き出すが »