« 氷は、気象の大変動を警告している | トップページ | これから連休 »

2005/05/06

チャレンジリーグの応募作、2位に

CloudNdCity

(クリック→拡大画像)

 前にも書いたことがあるが、インターネット上でデジタル写真を鍛えてもらえる『写真道場』に参加している。安孫子卓郎プロが、投稿作品に的確なコメントをしてくださる。もう5年を超えているだろうか。おかげで写真の腕もかなり向上したかな、と思う。その道場の中に、「チャレンジリーグ」なるものがある。毎月1作品を投稿し、評点がつく。A,Bと二つのリーグに分かれ、1期6ヶ月間の総合得点により、入れ替えがある。サッカーのJリーグや、その他のスポーツ・リーグに似ている。Aリーグの定員は20人。毎期の終わり、最下位5人が、Bリーグの上位5人と入れ替わる。上手だなと感心する人が揃い、毎月1作品で競い合う真剣勝負だから、気が許せない。すでに3期(1年半)を終わり、どうにかAリーグに留まっているのが信じられないくらいだ。

 昨日4月の結果が発表されて、思いのほかいい評価を得た。2位をもらったのが、上の写真である。安孫子師匠の評は「雲の雰囲気と淡い街の色彩が絶妙にマッチしています」とのことであった。

 先日のポルトガル旅行で撮った写真である。リスボン市内のホテルに4日間滞在した3日目だったと思う。毎日、今日はこの地区、明日はあの地区と、カメラを抱えて撮り歩いた。これはと手応えのある写真はなかなか撮れず、疲れがたまるばかりだった。この日も歩き回るのにいい加減疲れて、午後早めにホテルに帰り、しばらく休んだ。外を見ると、まだ明るい。もう一度と、カメラを持って、外に出た。夕方の散策程度だからと、重いカメラを持つのはやめて、旅先ではワイフ専用にしている小型デジカメを携えた。ホテルのすぐわきにケーブルカー(フニクラ)があり、展望台に登ることができる。そこへ行くことにした。

 ケーブルを降り外に出たところで、空に異様な雲が見えた。それっと、展望台の前方に走った。この日は、3月上旬にしては異様に暑い日だった。そのせいだろう、真夏によく見る積乱雲が異様な形で盛り上がり、それがリスボンの街を圧している。夕日は斜めから街を明るく照らしていた。パステルカラーの街と雲とを等分に配置して、ズームを望遠側に回して撮った。丘の斜面に色とりどりの建物が重なり合い、せり上がるように建て込んでいる街、その上空の異様な雲。街の空に海があって、そこに白鯨が出現したように見えた。「街の空に白鯨が」とタイトルを付けた。雲は瞬く間に姿を変え、白鯨は消え、なんでもない空に戻った。こんなシーンが撮れたのは、旅人にとってはラッキーだった。粘ってもなかなか好シーンが撮れないこともあれば、こうして偶然に恵まれることもある。たまにそれがいい評価を得る。写真を撮っていると、こんなことがときどきある。厳しい修練の場からいいかげん逃げ出したいと思いながら、なかなかやめられないでいる。

 ここ6ヶ月のチャレンジリーグへチャレンジした作品を、パソコンにインストールしたばかりの iPhoto 5 でアルバムにして、フォトギャラリーにアップした。ご覧いただきたい。この期は成績が良くて、総合2位をもらった。

|

« 氷は、気象の大変動を警告している | トップページ | これから連休 »

コメント

こんばんは!すっごく素敵な写真ですね!感動しました!

投稿: ぷらたなす | 2005/05/09 00:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36654/4012033

この記事へのトラックバック一覧です: チャレンジリーグの応募作、2位に:

« 氷は、気象の大変動を警告している | トップページ | これから連休 »