« 写真展のため、しばらくOff | トップページ | Palm の発明者が、脳研究に一石を »

2005/06/08

老い先を意識する

 グループの写真展を終えて、疲れているせいだろう。こんなタイトルで心境を書いてみたくなった。近頃とみに「老い先」という言葉が頭に浮かぶようになった。退職直後は、これからの長い老後、好きなことを好きなように楽しめると、「楽しむ老後」をモットーにした。年賀新聞や、HPにそのことを書いたりもした。それから4年。だいぶ心境の変化があった。何か新しいことを始めようとする。あるいは新しい耐久消費財(カメラの新機種とか大型テレビとか)を求めようとする。その時に、これから何年生きて、それを楽しめるかを考えてしまう。そう長くない老先、新規投資はもったいないのではないかと。

平均余命 まだ70になったばかりである。日本人男子の平均寿命は、平成15年のデータで78.36であるが(女性は85.33)、平均余命となると70才では、14.35である(女性は18.75)。【厚生労働省のデータによる】 平均寿命によるあと8年ではなく、平均余命による14、5年は生きられそうではある。だが、いつポッキリとなるか分からない年齢に入ってきたという自覚がある。健康に問題があるわけではない。人にはそんな歳とは見えないとお世辞を言われる。しかしである。

改修か移転か 築30年の家屋が、ずいぶんいたんできた。途中で改修はしているのだが、あちこちにほころびが目立つ。もう一度大改修をする気にはなれない。小規模の対策をして、何とか保たせたい。それでも駄目なら、東京都心のマンション住まいに切り替えようかとも思う。引っ越しにはエネルギーが要る。まだ元気なうちにやらないと、もっと歳をとったら、動くこともできなくなるだろう。でも引っ越しした途端に大地震に遭遇する、などという恐ろしい予想も頭をよぎる。その点では、住んでいる水戸地方は、大規模地震の想定範囲に入っていないから安心だ。いや、たとえ東京へ移っても、大地震が来る前に寿命が尽きるかもしれない。そんなこんなを迷うのも、老い先を考えるからである。

楽しみごともペースダウン グルメのほうで、あちこち新しい店を探し歩くのが好きだったが、最近は胃の方が付いてこない。重い食事を敬遠する。晴れがましい食事どころへ出かけるのにもエネルギーがいる。それが失せてきた。よそへ行って美味しいものを食べるより、口にあった自宅の食事がいい。オペラや観劇が好きであった。インターネットのチケット予約にずいぶんお世話になったが、このところ遠ざかっている。せっかく獲ったチケットを、日を忘れて無駄にしたりしたことがあった。予定が混んだ日程が煩わしくなってきた。

海外旅行 年に2度か3度出かけるのが、ここ数年のペースだった。今年は自治会の役の順番にあたり、留守ができなくなった。それに、ワイフは、きたなくて、きついアジア旅行は、もういやだ、といいだした。アジアはおもしろい。それも秘境めいたところほどおもしろい。だが、それを目指すほど、旅はきつい。楽な旅は、しかし、おもしろくない。こうして旅からも遠ざかっていくのだろうか。

やはり老後は あれもこれもできない。一度に一つのことだけ。やることをもっと絞らないと、とうていやっていけない。新しいことを始めるなどもってのほかだ。しかし、こうして自分の活動範囲が狭まっていくのは、悲しい。楽しむ老後、といったけれども、やはり老いていくのは、寂しいことだ。

でもTigerの導入にチャレンジ そんなことをいいながらも、明日から、Macの新しいOS"Tiger"の導入をやってみるつもりである。これまでOSを換えるのは面倒だと、新しいOSに切り替えるとしたら、パソコンを買い換えてきた。そんな贅沢はもうできない。初めてのシステム入れ替え作業である。若い人には何でもない作業なのだろうが、年寄りには大事業である。パソコン技術は新しいものに追従していきたいと、がんばってみる。いつまでそれができるか。そう思うのも、老い先を考えるゆえである。

|

« 写真展のため、しばらくOff | トップページ | Palm の発明者が、脳研究に一石を »

コメント

アクさん

しばらくお休みしていらっしゃって、さて、今日は何を書かれたのだろうかと思っていましたら、なんと、老い先を意識する・・・
年齢なら私の方が先輩です。

だからお書きにならた事はとても良くわかりますよ。我が家も手を入れなければならない所が沢山あります。最近、やろうと思っていることですが、まず、玄関のドアの鍵を追加しようと思っています。

ワンドアー、ツーキーは常識なんですってね。ガラスを破られない様に、考えています。トイレなどの小窓にも格子をつけようと思っています。

夫婦とも年をとったうえに、一緒に住んでくれる若い人がいないための用心です。

もう一つは、ガス台をIHにするつもりです。本当はガスが使いやすいのですが、火災になったら怖いからです。

私は老い先を考えて、何かをしないというのではなく、高齢者用に変えようと思うのです。すこし、ピントがずれてるよと、きっとアクさんは思われるでしょうが、私だって、何時、この世をさるかわかりません。
でも、生きている内は、なんとか住みよく、楽しく、面白くと思う方です。

ハイビジョンテレビは欲しいとは思わなかったのに、息子に薦められて買いましたが、これは、なかなか素晴らしいです。
ぜひお奨めです。

それにしても、街を歩いていると、高齢者が増えたなあとつくづく思いますねえ。

投稿: 美千代 | 2005/06/09 21:08

美千代さん、こんばんは。
このところ、夫婦間の口舌バトルで盛り上がるのは、相手の老いの兆候を指摘し合うときです。今日も何かで私が先制攻撃をかけたら、何よ、昨日のブログで自分の老いを認めたくせにと、反撃を食いました。老いとそれ故の限界を認めながら、無理をせずに、楽しんでいこうと思っています。

投稿: アク | 2005/06/09 21:32

突然お邪魔します。
まったくもってウンウンとうなづきながら読み進んでしまいました。わが家は集合住宅以外に暮らしたことがなく、大地震が怖いなぁと思いながらも連れ合いが「そんなときはみんな死んじゃうの」という言葉に逡巡のままここまで来ました。新しいもの買う気になりませんねぇ。IHにしたいですねぇ。果敢な旅にも出ません。パッケージばかり。知らない食い物屋も入りません。まだ安定しないし周りのアプリもついてこないからという理由にして、Tigerを触る気にもなっていませんねぇ。新しいテレビジョンも「まだこれが見えているからね」といって手を出さずです。最後までこれかもしれませんね。最近の話題:死んだら誰にもいわないで良いからね。
 お邪魔しました。

投稿: nsw2072 | 2005/06/09 23:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36654/4469037

この記事へのトラックバック一覧です: 老い先を意識する:

« 写真展のため、しばらくOff | トップページ | Palm の発明者が、脳研究に一石を »