« 近況を少々 | トップページ | 原子力の風向きは変わったのか »

2006/02/09

運転免許高齢者講習を受けた

 70歳を超えると、運転免許更新時に、「高齢者講習」というのを義務づけられている。免許証更新にいく前に、どこかの自動車教習所に出向き、3時間の講習を受け、講習終了証明書をもらう必要がある。更新手数料、2,100円に加えて、6,150円の講習料が別に必要となる。今日それを受け、免許の書き換えをしてきた。講習内容からすると、実質的にはあまり意味はなく、交通安全に名を借りて、自動車教習所に儲けさせる、一つの手段になっているにすぎない。自動車教習所は、警察の古株の天下り先になっている。少子化の影響だろう、このところ一見しただけで、閑古鳥が鳴いている様子だ。そこをてこ入れするために高齢者が使われていると、ひがみたくなる。

チャレンジは拒否された 公安委員会からの案内状によると、標準の講習を受けない別のコースが用意されている。「チャレンジ講習」と称し、最初の免許取得試験と同じような試験にパスすれば、あとは1時間の簡易講習を受ければいいらしい。これでも金はかかる。試験料が2,750円、講習が1,400円、計4,150円である。ふだんふつうに運転している。初心者が受ける試験に通らないはずはなかろう。安くて時間がかからない方がいいと、これをやってみようかと、教習所に電話してみた。ところが、別コースは制度上は存在しているが、それを受けようとした人は、今までいないし、教習所の方でも、受け付ける用意がない、という。試験に落ちたら、標準の講習をうけることになり、かえって金がかかりますよ、といわれてしまった。あえて受けるとがんばっても、手加減して必ず落っことすに違いない。そんな雰囲気の受け答えに、あきらめて、標準でやることにした。申込者が多いらしく、1ヶ月先しか、講習の空きがないといわれ、その日が、例の関東地方大雪の日で、さらに遅らされ、今日となった。

無駄なテキスト、おざなりの講義 一日の定員は15人である。講義は15分ほどで終わり。茨城県は人口あたりの交通事故死者統計ではワースト2位だとか、高齢者の事故が増えている、というような話。時間をもたせるのに苦労している様子で、すぐに休憩となって、お茶が出た。元気のいい受講生は、茨城県では、標識、信号、車線の振り分けなどの設備が遅れているのが問題だ、県民性のせいではないなどと、講師を責めたりした。2冊ほどの結構分厚いテキスト(一冊は『高齢者の安全運転』[130頁、監修:警察庁交通局、編集・発行:社団法人全日本指定自動車教習所協会連合会、協力:財団法人交通事故総合分析センター、財団法人東京都高齢者研究・福祉振興財団・東京都老人総合研究所]、社会保険庁が下請けに作らせているパンフを思い出した)をもらったが、読む人はいないだろう。

実車走行に意味があるのか 続いて、実車講習、3人一組で、交代で運転し、コースを走る。S字カーブとか、クランクとか、久しぶりに走ったが(実はこの教習所は、40年あまり前に教習を受けて免許を取得した「母校」である)、どうということはない。あとで評価表をくれたが、それには、交差点での安全確認不十分とあった。そうだった、交差点では、わざとらしく首を左右に振らないといけないのだったと、昔の教習時の諸注意を思い出した。この実車走行は、ペーパードライバーでふだん運転していいないから自信がないとか、軽自動車しか運転していないとか、理由を申し立てれば、後ろの座席に乗り、見ているだけでよい。

ゲーム機みたいなシミュレーター 次はシミュレーターによる反応動作テスト。赤信号が出たら、ブレーキを踏むとか、障害物を避けるようにハンドルを左右に切るとか。これがちゃちなテレビ・ゲームのようなもので、こんなことで、結果を数値判定してどうのこうのといわれたくない。「あなたの本検査による機能は、同世代と比較すると大変優れています」などと総合コメントに書いてある評価表をもらったが、全然意味なし。3時間の講習とはいっても、ほとんど実車走行とシミュレーターの時間待ちで費やされた。おかげで持って行った文庫本を読むひまはたっぷりあったが、金だけはしっかり取られた。

アメリカではもっと実質的 高齢者の事故が多いことは確かである。反応は鈍くなり、注意分散はおろそかになりがちだ。さりとて、こんな講習で、老化への注意喚起とはなりそうもない。免許更新手続き時に、老齢者だけ短時間の別講習にする、動体視力や反応テストを課する、不適格者には免許を与えない。そんなことでいいのではないか。アメリカではどうしているか。州によってちがうが、私の住んだニューヨーク州では、ある年齢(たぶん75歳だったと思う)を超えると、毎年免許更新となる。そのたびに、視力証明(眼鏡屋さんが発行する)と反応テストが課せられる。基準に満たないと、免許はもらえない。免許更新にかかる費用はたぶん10ドルぐらいで、過分にはとられない。これに比べれば、日本での免許取得とか更新にかかる費用はべらぼうである。

規制にたかる構図がここにも 誰でもが車を使う時代である。それにしては、車関係で行政がとる税金や、規制関連でかかる費用は高めに設定されすぎていないか。有料道路料金ももちろんである。車が一部の人の持つ贅沢品であり、高い費用は当然との考えがいまだに残っている。行政機関は、住民へのサービス提供より、規制をするものだとの気風。そして規制ごとに、官に後押しされた天下り機関が甘い汁をすう。その構造が、またひとつ、この高齢者講習を餌にできている。高齢者の交通安全が問題だ→免許更新時に講習を課すことにしよう→教習所に請け負わせ、金を取ろう→警官の天下りを増やせる。こういう具合に制度整備が行われ、高齢者は食い物にされ、交通安全の実質はさっぱり確保されない。よくある図式だ。

 ついでに書いておくと、優良運転者(無事故無違反)は、オーバー70歳となると、1年ケチられて4年有効の免許証となる。更新窓口は、依然として安全協会ではあるが、「私は入りません」とはっきり意思表明すると、入会は強制されない。

|

« 近況を少々 | トップページ | 原子力の風向きは変わったのか »

コメント

アクエリアン様

少々鬱陶しいかもしれませんが、またお邪魔させていただきます。
ブログに不慣れなものでしたので、本日こちらに寄らせていただきましたら、あらま、「守分晴子」がコメント欄にズラズラと。ひぇ~こういうことだっのかと仰天致した次第です。で、私はブログをもってないので、せめて本名を名乗るのが礼儀ではあるまいかと名前欄に記したわけですが、ほとんどの方はハンドルネームで投稿なさってるようなので、わたくし「守分晴子」が本名でありますが、今後はハンドルネームを使わせていただきたいとおもうのです。

ズラズラ名前が並んだのには訳がありまして、このコメント欄の字数が限られてることを知らず途中で途切れましたので何通もコメント送ってしまいました。ゴメンナサイ

お爺様のお話ありがとうございました。読ませていただきました。アク様が現役時代理系を極められた後、こうしていろいろと物事をきちんとお考えになり、ご自身の言葉でしかもバラエティーに富んでいて居丈高にもなられず、表現していかれる才能は、このお爺様からも受け継がれていらっしゃるのであろうと、納得した次第であります。

と、ここまで書いてあれ?字数制限なかったのだわ、右側のカーソルが下に届いたため勝手に、あ、ここでやめなきゃ、と細切れにお送り
してしまった、どうでもいいコメントたちでした。

私の小島・保坂体験について昨日から書きたかったのですが、初ブログ体験で少々だらだらとしてしまったので、また改めて聞いていただけたらと、こちらの都合で思わせていただいてます。

投稿: ハルちゃん | 2006/02/10 20:37

ハルちゃん、あらためまして。
コメントに字数制限は実質的にないと考えていいです。長いものは、ここに直接書きはじめずに、エディター(WORDで書いて、テキスト形式で保存してもいい)で書いたものを、コピペしていただいたほうが、書きやすいかもしれません。
私も小島信夫はともかく、保坂さんについては、最近にわかに、という程度ですから、そのうちに、といっても、せっかくですから熱の冷めないうちに(失礼かな)、何かお書きください。

投稿: アク | 2006/02/10 20:50

熱未だ覚めやらず、なのです!

ありがとうございます、つたないコメントにお返事下さいまして。
「小島信夫はともかく」っておっしゃいましたが、今の私は「小島信夫」なのです。氏の作品から醸し出される奇妙な笑い?ユーモア?はもしかしたら95歳であられる白川静先生のものと共通したものではないのか?と勝手に想像しております。
なんだか不思議な遭遇でした。いつも立ち寄る書店に保坂氏の「小説の自由」を発見したのは。題名が気になって一瞥し、パラパラと読むともなくページを繰って、ああどうせ読まないよな、と通り過ぎました。翌週、同じ書店に行ったとき再び目にとまり、今度はなぜだか購入して、読み始めました。全部が理解できるわけではありません、でも何か本質的なことを投げかけてるな、と感じて読み進めつつ、保坂氏の作品はとにかく手にはいるので読ませていただきました。その中に結構頻繁に小島氏のことが紹介されてましたが、書店では手に入らない事を知り、やはり私も図書館に赴きました。手始めにこじゃれた題名、しかも芥川賞作品である「アメリカンスクール」から、なんだか奇妙な印象を受けました。なんだ、これは?って感じです。次は「ハピネス」、これもなんだか変、そして「階段のあがりはな」氏の子供時代の一瞬を描いたものでした。以上は短編。その後私の読書は長編へと向かっていきました。
と、まあ「私の読書遍歴」なのですが、ちょっと一休みします。
アク様が「残光」のことについて書いていらっしゃって、なんだか気になる、っぽく述べられてたようだったので、「残光」だけ読んでなおかつ否定されないで面白さをどこかで感じられてる文章だったので、何か共有できるかな、と甘えさせていただいてるしだいです。

投稿: ハルちゃん | 2006/02/10 21:33

高齢者講習会の案内を受け取りました。普段なに不自由なく毎日運転しているのに、なんで講習会なのか、諸氏のご意見を拝見し、「チャレンジ講習」のことなど参考にしたいと思います。それにしてもこのような警察官僚の天下り先の確保のための法律改正を許しているのも、選挙民の我々の責任です。9月には選挙が必ずあります。
官僚の横暴を許さない一票を投じましょう。
                 早々

投稿: センポ | 2009/01/17 10:51

高齢者が増える一方で、若者の運転免許取得者が頭打ちになってきている。

ここに目をつけた警察官僚と自動車学校経営者が打ち出したのが「高齢者講習」。
高齢者の事故を予防し安全運転に役立てるという、大義名分を翳されると文句が言えません。

がしかし、6150円は如何にも高すぎる。
予約も受講者が増えてままにならなくなってきている。
高齢者講習で自動車学校は押すな押すなの盛況である。

投稿: oono | 2009/03/19 23:29

私も先週「高齢者コース」を受けました。アクさんが経験を書かれてから3年、実態は何にも改善されていません。チャレンジコースは事実上「拒否」されました。少々アタマにきて自民党と公安委員会にクレイムのメールをしました。なお、今回の講習についての公安委員会からの通知(葉書)に、「講習内容の一部及び手数料が変更される場合がある(平成21年6月予定)」とあります。また値上げでもするのでしょうか。それとも、もみじマークが不評で“努力目標”になったように、高齢者の声が良い方向に反映されることになるのでしょうか。

投稿: mk | 2009/03/27 18:24

今日、東京都公安委員会から高齢者教習の案内葉書が届いた。余りにも理不尽な内容に猛烈に腹が立ちネットを検索したら同じ思いの人が多い事を知った。高齢者講習制度が70歳以上の高齢者を差別し、無駄なお金と時間を浪費させている。許認可制度にたかる官僚や業者、この悪法をなんとか改正させる方法はないのだろうか。良い知恵をかして!

投稿: 丸田勲 | 2010/11/13 14:04

2011年1月が次回免許更新です。
10月に高齢者チャレンジ講習を受けました。
見事に「不合格」でした。交差点などでの確認動作不適切などでの減点が多いとの指摘でした。

本日12月9日 再チャレンジしました。
同じような減点で不合格でした。

「次回は何日?」と聞いたら「来年3月です」。
「年初は高校・大学などの卒業予定者の受け入れが大変でチャレンジ講習は予定していない」とのことです。チャレンジ講習は手間がかかる、つまり金にならないということらしい。

何だチャレンジ講習というのは「お飾り」なんだ・・。

聞くところによると大分県での合格者は年間1~2名らしい。プロのタクシー運転手でもバサバサおちるらしい。
チャレンジ精神でチャレンジしたのだが、ようやく警察官僚の悪巧みに気がついた。

ただ一つよかった点は、自分の運転の長年の癖を見直せたことだった。

投稿: 大分県人 | 2010/12/09 15:38

大分県人さん

ご苦労でしたね。大分県は受けさせてくれるだけ、まだましでしょうか。チャレンジ精神旺盛に二度も受検されたとは感心いたしました。高齢者ベテランドライバーに対して、初心者より高いレベルを要求するとはけしからぬことです。

4年半前にこの記事に書いた通り、警察の「わるだくみ」としか思えません。実質的に高齢運転者の安全を確保しようと考えているとは思えません。改めて怒りを覚えます。

私はこの記事を書いてから、2度目の講習を今年初めに受けました。認知度テストが追加され、これもばかげたものでした。シミュレーターは改善され、ゲームのような反応テストは、それにふくめられており、別に眼科的なテストがあり、これは納得のいくものでした。

精一杯好意的に考えれば、高齢者に自分の運転能力の衰えを反省させる機会として意味があるのかな、と思ったのでした。

投稿: アク | 2010/12/09 22:30

高齢者の免許有効期間を調べていてたどり着きました。
祖父が今回免許の更新をしました。緑内障のため視力がかなり悪いので返納を勧めても聞き入れてくれません。
今回の更新で不適格となるだろうと思っていたのに、警察は気をつけてと見逃したそうです。
これで事故を起こしたら…と思うと本当に怒りを覚えました。しかも次の更新まで四年もあるとは。
検査も講習もなんのためなのか…。残念です。

投稿: どら | 2011/05/24 14:18

高齢者講習関連の記事、投稿意見も含めて共感しています。
不運な更新時期とぶつかり、69歳で高齢者講習を不満な気持で受けてから、先日2回目の案内を受けました。チャレンジ講習というのに気づき電話をすると、「通った人が無い」という言い方で脅され?ました。
70点未満だった場合にはトータル8550円覚悟しなければならないことを考え迷いつつフト他の人の情報・意見がないかなと探してみてアクさんにぶつかりました。
こちらでは拒否されることはないような雰囲気でしたがテスト採点で意地悪されたら馬鹿馬鹿しいなとまだ悩んでいます。

投稿: 岡山市民 | 2011/06/01 17:27

私も11月までに受けなければならない人間です。やはり1ヶ月待たされます。こちらのブログを読ませていただいて良かった、やはり!と思いました。私はJAFも安全協会もかなり前にやめました。警察の窓口の女性の傍若無人ぶりに腹を立てたことも一度ならずあります。私の決めた日本の3大ダメ組織「警察(含特捜)、相撲協会、保安院(かつては社保庁)」と言うのがあります。いまは多くて選ぶのが困難です(管内閣、東電、九電・・・)。
不条理に耐えて受けてくることにしますが、これからもこのことについては声を上げ続けることにします。

投稿: 阿太郎 | 2011/07/11 17:12

明後日チャレンジ講習を受けることになっています。
埼玉県警のHPで見ると受講者数452人 合格者数365人合格率 80.8%と有りましたので東京都も同じようなモノだろうと思い受講することにしました。
これまでのコメントを拝見するとほとんど合格しないようなことが書かれていまして今ちょっと不安です。
明後日どのような結果になるか楽しみです(^^;

投稿: CHAP | 2011/10/09 19:04

教習所は、やらされているだけで、儲からないですよ。
証紙で代金を払います。つまり、国に払うので、教習所に払うわけではないです。教習所としては、面倒くさいだけですね。受けたくなければ受けなくても大丈夫。ただ、更新が出来ないだけです。

投稿: 匿名さん | 2012/06/09 14:02

高齢者講習を受講された方。教えてください。実車走行でコース内を走るとき試験管が走行先を指示しながらコースを回るのか?どの様にコース回りをするのでしょうか?宜しくお願いします。

投稿: 下野 | 2012/08/02 03:52

高齢者講習に腹を立てて、目の前で免許証を引き破って捨てました。お前らに、タッタの一銭だって遣る気はない!この腐れ野郎ども!・・・と大声をあげて侮蔑してやりました。車を捨ててみて気付いたことは、歩くか自転車を使うかすれば大抵の用は足せるという事実でした。
 けれども、その方の環境によっては、車が必須の方も多いことだと思います。

 高速道路のSAの利権は道公省の連中が独占しています。警察官僚をはじめとする、これら腐れ野郎どもに一発カマす知恵も勇気もないなんて、恥ずかしい限りではありませんか?

 ブツブツ云っているだけでなくて、この無法をぶっ壊すことを国民運動として展開することが必要だと思います。

 全国の後期高齢者団結せよ、断つべきものは鎖なり!
 

投稿: 田中 寛治 | 2012/08/26 16:45

今年で3回目、公安委員会から通知が来たが講習は3か月待ち。前回も2か月待ちだったが5人の規定数では無理もない。老齢者の事故が多い、とのことだが、高速を逆走するバカは別にして高齢者は慎重な運転で田舎では病院の通院ぐらいしか乗らない。都会の足の利便さと田舎の実情を官僚はわかっているのか。天下りした知人は週2の何もしない勤務で並の報酬を取っていた。これは金持ち年寄りでどこも体の支障のない人はいいけれどこの年になればみなさん持病をお持ちで、3時間の屁のしたような講義は全くの無意味。

投稿: 腹立ちの輔 | 2015/05/08 10:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36654/8580650

この記事へのトラックバック一覧です: 運転免許高齢者講習を受けた:

» 運転免許更新:いつもは温厚なアクさんも、ついに怒る! [Letter from Yochomachi]
アクアリアンさんのブログから:Aquarian's Memorandum: 運転免許高齢者講習を受けた: "70歳を超えると、運転免許更新時に、「高齢者講習」というのを義務づけられている。免許証更新にいく前に、どこかの自動車教習所に出向き、3時間の講習を受け、講習終了証明書をもらう必要がある。更新手数料、2,100円に加えて、6,150円の講習料が別に必要となる。今日それを受け、免許の書き換えをしてきた。講習内容からすると、実質的にはあまり意味はなく、交通安全に名を借りて、自動車教習所に儲けさせる、... [続きを読む]

受信: 2006/02/10 19:02

» よくある質問Q&A [自動車教習所ナビ]
人気blogランキングへ 入校にあたって 【Q】 入校資格をもっと詳しく知りたい 【A】 ○年齢・普通車…満18才以上(17歳の誕生日の2ヶ月前には入校可能、修了検定時に満18才になっていること)・普通二輪…満16才以上(卒業検定時に16才であれば入校可能※教習所により異なります)・大型二輪…満18才以上・大型…満20才以上(普通または大型特殊免許を取得後2年以上経過している方)○視力(メガネ・コンタクトレンズ使用可)・普通車・普通二輪…片眼で0.3、両目で0.7以上の方...... [続きを読む]

受信: 2007/07/27 02:31

» 免許証更新 [いっしょに遊ぼ!!]
 先週11日土曜日に自動車の高齢者講習会に行って来て「修了証」を貰ってきた。今日はそれを警察署へもって行って新しい免許証更新をしてもらう手続きをしてきた。 [続きを読む]

受信: 2008/10/14 15:13

« 近況を少々 | トップページ | 原子力の風向きは変わったのか »