« 鮫が橋とはどんな場所か | トップページ | Journler 修復 »

2006/07/04

Journler 記録壊滅、ダメージ大

 Journler という日録ソフトを紹介したことがある(ここ)。それ以降、これなしにはパソコン生活が成り立たないほどの使い込みようだった。毎朝起きると、このソフトを立ち上げ、そこに今日は何をするかをメモすることから一日が始まる。一日中立ち上げっぱなしの画面に、日常記録はもちろんのこと、思いついたちょっとしたことも、ブログのネタもメモする。メールやブログの原稿は、まずここで書いて、それからメールソフトなり、エディターにコピペして、最終仕上げをする。本を読みながらの感想や抜き書きのメモ、気になる書籍のメモ、等々、何でもここにメモった。特に便利にしていたのは、ネット上の新聞記事や論説を、このソフトの画面にURLをドラグ・ドロップするだけで、リンク付きのタイトルを記録できることだった。ネット上で読んだエントリもリンクごと記録した。最近では、口座や会員番号やパスワード、預金などのリストまでここに整理していた。それが、今朝、飛んでしまった。【後日談を別エントリで書いています】

 エントリの日付を変更しようとしたとき、プログラムが凍り付いて、にっちもさっちもいかなくなった。仕方なくプログラムを強制終了した。その後、再起動したが、これまでのエントリがまったく読めなくなった。内容一覧リストもフォルダーも表示されない。新しいエントリを書いて保存しても、終了すると、それはどこかへ失せてしまう。プログラムとエントリの記録されるフォルダーとがどこかで切れている。Finderで見ると、古いエントリはファイルとしては存在しているが、それはこのソフトでないと読めない特殊ファイルである。このソフトで読み出すよう指示しても、反応がない。

 このソフトは、ごく最近2.0にヴァージョンアップされた。それが今朝、2.01に微修正されている。ヴァージョンアップ内容に- Improved Stability、- Date/time fix when creating new entries、とある。何か私のしでかしたトラブルに関係しているようだ。新ヴァージョンにアップしてみたが、改善されない。ソフトとして一部しか機能していないようだ。これまでの記録分が何か邪魔をしているのか。ユーザーファイルから全部削除して、新らしいプログラムとして使いはじめろということか。そんなことをする元気はない。そのうちに何とか回復を試みてみるつもりだし、同じ事例がないか、ユーザーのフォーラムを読んだり、書き込んだりしてみるつもりだが、ショック大で、しばらく何もする気がしない。

 今回思い知ったのは、すべての記録を、特定のソフトに依存してしまい、互換性のないファイル形式で記録するリスクである。自動バックアップはしてあるのだが、ファイルはこのソフトでしか読めない。リッチテキストファイル形式の文書としてエクスポートしておけば、JeditX なり何なりで読めた。それも後の祭り。もうこのソフトを使う気にはなれない。JeditX ファイルに日録を書くという、以前のスタイルに戻るしかないか。それにしても、あまりに入れ込んでいたので、呆然としてしまう。そのうちにぼちぼち元気を出して、別の生活スタイルへ移行するしかあるまい。

【06/7/5追記】さんざん、嘆き、毒づいたが、その後プログラムの作者からのメールにより、問題は解決した。これについては、翌日のエントリで書いているので、恥ずかしながら、そちらも合わせお読みいただきたい。

|

« 鮫が橋とはどんな場所か | トップページ | Journler 修復 »

コメント

便利なソフトを見つけられたということでしたのに、何とも大変なことになって御愁傷様です。もう試されたかもしれませんが同類のソフトではSticky Brainなどが有名ですよ。私の場合はまだそこまで思考並びにスケジュールが複雑化していなのでPalm Desktopのメモ程度で済んでおりますが、そのうち管理する情報が多くなってくるとそろそろそのような思考管理ソフトを使わないといけなくなるかもと考えています。

投稿: Aurora A | 2006/07/04 17:18

お悔やみ申しあげます。小生も iBlog という開発途上のソフトのローカルデータにかなりの情報を入れてそれに依存しているので、毎日不安を感じています。タフなエクセルを使っていてもハードディスクが死んでしまうとデータは使い物にならないし、バックアップは限りなく面倒。結局、使い勝手は少々悪いものの、大手が出しているオンラインメモ (Google Notebook など)が、彼らが責任持ってメンテしてくれるという意味で、一番確実かなと思って始めている昨今です。

投稿: 余丁町散人 | 2006/07/04 18:42

Aurora A 様、余丁町散人 様

ご愁傷さま、お悔やみ申し上げます、とご挨拶いただいて、ありがとうございます。そんな気分です。過去4ヶ月分の自分の生活記録が、失せてしまい、その間書きためたものも、今はどこへやら、という状態です。もっとも、過去に一つHDがクラッシュしており、ある時期の画像と文書ファイルが読めなくなっています。その中の画像に限って、再び使う必要ができたりと、ままなりません。HDはまだヤルキになれば何とかなるかな、と思いながら放ってあります。こうなってみると、デジタル頼みにせずに、手書きで記録は残すべきかな、とも考えています。

投稿: アク | 2006/07/04 19:17

 あれま。拙ブログからこのJournlerを取り上げて頂き、いたく気に入られていた様子なので、このような事態になって少々申し訳なく思っています。
 確かにこのJournler、時々挙動不審な時がありますが、今の所、ぼくの場合は大丈夫ですが。
 ライブラリ/Application Support/Journler/Journler Entriesだけを残して再ダウンロードし、プログラムを新しくインストールして、上記のファイルを入れてみたらと思ったのですが、その方法は試されたでしょうか?見当違いならすみません。

投稿: keizo | 2006/07/05 20:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36654/10786459

この記事へのトラックバック一覧です: Journler 記録壊滅、ダメージ大:

« 鮫が橋とはどんな場所か | トップページ | Journler 修復 »