« 軽水炉使用済み核燃料からの原爆は実験済み | トップページ | Aaron Swartz がブログから消えた »

2007/01/09

技術評論家・桜井淳は泥試合を所望。私はパスだ

 技術評論家・桜井淳とは、技術的な問題の是非を論じて、彼の実力と実像を明らかにすることが、ある意味、社会のため(同時に彼のため)と思ってやってきている。しかし、結構こたえているらしい。彼は泥試合に持ち込もうとしている(ここ、こんなものを引用したくないが、まあこれぞ彼の実像だと読んでいただこう)。まあ、好きにするがいい。自らをおとしめるだけだろう。私は、低レベルの争いをしたくないので、今回はパス。私の投げかけたいくつかの問題についての回答を待つ。

【私のブログの読者へ。このところ妙なエントリばかりで、申し訳ない。もうしばらく事態を見守って、あるいは見過ごして、いただきたい。まもなく常態に戻すつもりである。いやそうもいかないか。】

|

« 軽水炉使用済み核燃料からの原爆は実験済み | トップページ | Aaron Swartz がブログから消えた »

コメント

 まさに現代科学の最先端の、技術分野での学問と経験をお持ちのお二人が、プログ上とはいえ、議論をされていることに、率直な関心を持ち読まさせていただいています。
 北東アジアの外交状況に、新しい動きがある今、非核三原則を堅持する日本の国民として、原発への正しい認識を私たち無知な一般大衆に啓蒙することは、専門知識を有する知識人の社会的使命だ、と思われます。今後とも、論理と倫理に則った真摯な議論を期待します。

投稿: sollers | 2007/01/10 11:26

S氏の激しい恫喝におどろいた。

論理的な言論に「感情」論で反論してくるとは「技術」評論家としてあるまじき行為。よほど痛いところをつかれたとみえる。誤った「技術」評論の垂れ流しは社会にとって有害そのものである。評論家たるもの(その意見が)世論を左右する可能性があることも考えべきであろう。

小心者より

投稿: 小心者 | 2007/01/10 15:09

sollers さん

ご心配いただきまして、すみません。
そのうちに、ぼちぼち事情を書いてみようかと思いますが、私なりに考えてやっていることです。しばらくお目汚しをお許しください。


「小心者」さん(なんだかこう呼びかけるのは、気が引けます)

私はもっと別のところに力点をおいて、論じ合おうとしているのですが、ある一点で彼の虎の尾を踏んだようで、そのことばかり、説得力のない論拠で書いています。引用段階から、すでに3回は書き換えているようです。この問題の対応で、彼の実像がいっそう明らかになっていくようです。

投稿: アク | 2007/01/10 20:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36654/13405817

この記事へのトラックバック一覧です: 技術評論家・桜井淳は泥試合を所望。私はパスだ:

« 軽水炉使用済み核燃料からの原爆は実験済み | トップページ | Aaron Swartz がブログから消えた »