« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007/02/27

広重「夜の雪」の蒲原へ

070227kanbara

 【蒲原に残る江戸時代の姿をとどめる旅籠屋。現在は右側が市の施設になっている。クリック→拡大画像】

 ひょんなことから静岡県蒲原へ行ってきた。広重の東海道五十三次の名画「夜の雪」の場所として記憶にはあったが、これまで縁がなかった。妻が裂織人のインタビューを担当していて、訪ねた先が蒲原宿として唯一残っている旅籠屋の建物だった。天保年間(1830-44)に建てられた「和泉屋」という名の上旅籠だったという。建物全体が、そっくり当時のものではないだろうが、面影を残しているという。上記画像の二階の櫛形の手すり(上辺が曲線になった部分)や、看板掛け、柱から突き出た腕木などに見られる。左3分の2は、住人がいるが、右の3分の1を市が買い取り、「お休み処」として公開している。間口は狭いが、奥に向かって長い町屋風で、いくつかに間仕切りして、人を泊めた往時の様子を偲ぶことができた。2階に向かう階段は急で、その登り口2段が作りつけの小箪笥になっている姿は、かつてのものだろう。2階に上がると、向かいにある旧本陣の建物を見下ろせる。建て替わっていると思うが、本陣らしさを残す豪壮な建物だ。個人の住宅になっている。旧東海道は今や本道ではなく、人も車もあまり通らない。東海道探訪の人をちらほら見かけるだけだ。しかし、2階から見おろすと、ここを大名行列も、東海道を上り下りする旅人も繁く往来した様を偲ぶことができる。明治元年12月、明治天皇が東京から京都へ還幸の折、向かいの本陣が御在所に当てられたという。

続きを読む "広重「夜の雪」の蒲原へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/20

今冬、燗酒を好むわけ

 酒を飲むときは、冷酒と決めていた。それもできれば純米吟醸。なかでも「来福」に嵌っていることは、いつか書いた。ところが、このところ、燗をした酒を、好んで飲んでいる。朝ドラの「芋たこなんきん」に影響されてのことだ。田辺聖子をモデルにした女流小説家と、「カモカのおっちゃん」をモデルにした町医者が、毎晩、座卓を挟んで向かい合い飲みかつ語らうシーン、あるいは、近所のおでん屋で、燗を付けたチロリから、お猪口についで飲む場面。冬の夜、なんだか暖かい感じがしてよさそうである。ついお燗派に転向してしまった。私は、飲んだり食べたり、こういうことには影響されやすいのである。

続きを読む "今冬、燗酒を好むわけ"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/02/18

仏教と量子力学

 今さらという気もするのだが、現代科学技術の基本理論である量子力学と、仏教の基本的考え方に親和性があるという言説が一部で行われている。私はこのような主張をすることに疑問を感じてきた。まず、科学は科学、宗教あるいは宗教思想はそれ、それぞれの目的も方法も違う。無理にこじつけない方がいい、と思う。また仏教者が重視する量子論の意味合いと、科学技術の現場での量子理論の使い方、それは意味を棚上げして道具として使うということだが、その間に大きなずれがあることを指摘したい。

続きを読む "仏教と量子力学"

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2007/02/14

防衛省市ヶ谷新庁舎、完成間近、その使途は?

070214ichigaya

【完成間近の市ヶ谷新庁舎(手前の白っぽい建物・2棟に見えるが、L字型の一つのもの)。手前は靖国通り。奥は左からB棟、C棟(二つ)、A棟、左奥は市ヶ谷仲之町に新築中のマンション。画像クリック→拡大画像がポップアップ】

 東京の居所は、市ヶ谷の防衛省に近い。都営新宿線・曙橋駅で降り、靖国通りをわが家に向かうと、中央大学市ヶ谷キャンパス(以前はアジア経済研究所だった)のすぐ向こう、靖国通りに面した場所に、なにやら新しい建物の工事が行われているのを、ここ何年か眺めてきた。工期が異常に長い。いつまでたっても建物が見えてこない。そのことを一度このブログに書いたことがあった(『核攻撃に備えるのか防衛庁』05/8/2)。それが、どうやらやっと完成するようだ。いったいこれは何のための建物だろうか。

続きを読む "防衛省市ヶ谷新庁舎、完成間近、その使途は?"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/02/12

バスターミナルでの会話

 「ご夫婦ですか」。バス・ターミナルの待合いベンチに座ってまもなく、となりの女性から声がかかった。「え?、私ら夫婦ですよ。もちろん」。ピンクのセーターを着た、丸顔の熟年の女性がニコニコ微笑んでいる。「さっきから、うかがっていると、とてもお仲が良くていらっしゃるようで」と言葉をつなぐ。「夫婦でないとすれば、愛人とかいうことになるじゃないですか」と、こちらはちょっと意地悪く言葉を返す。「いや、趣味の友達とか、そういうお仲間かとも思ったのです」。どうやら、私らの言葉のやりとりが、ポンポンと弾んでいて、からかい合っている友達同士のように聞こえたらしい。

続きを読む "バスターミナルでの会話"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

出かけていて

 しばらく東京へ出かけて、いろんな用を足していた。東京では、水戸での日常とは別世界にいるような心境になっていて、ブログを書く気になれない。インターネット環境も悪い。次のエントリが待たれているのは分かっていたが、申し訳ない、お休みをいただいた。しかしコメント欄に多くの方から書き込みをいただいたことで、ブログは生きていて、ありがたかった。

続きを読む "出かけていて"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/02/01

72歳になった

 72歳になった。朝食の食卓に妻からの誕生日カードが添えられ「元気おじさん、カンパーイ」と書いてあった。二つ折りを開くと、ビールのジョッキが跳びだしてくるカードだ。このところ妻は私のことを「元気おじさん」と呼ぶ。ここ2,3年、体力面の差が目立ってきて、「あなたは、ほんと元気ねぇ」と感心することが度重なるうちに、私のことをそう呼ぶようになった。体力もさることながら、食べること、飲むことに衰えがほとんどなく、毎日三食をきちんとした時間に食べたいという私を、いささか辟易気味にそう茶化すのだ。

続きを読む "72歳になった"

| | コメント (22) | トラックバック (1)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »