« ニフティから会員資格停止の警告 | トップページ | 本橋成一の写真 »

2007/05/18

メールアドレスのトップページ掲載を求める、ニフティ

 誰もほとんど守っていないルールがある。ルールを守るとかえって不利益をこうむるからだ。ある時期つくられたルールで、実際上の意味はほとんどない。だから死文化していて、それを守るかどうかは、ふだんまったく問題にされていない。管理者は、ルールがほとんど守られていないことを承知している(たぶん)。

 ところが、個別ケースが問題となると、扱いは別である。Aさんがルールを守っていないよと、Bさんが管理者に訴えた場合には、Aにルールの遵守を求める。あなたは、ルールを守ると約束してユーザーになったのでしょう、というのだ。

 訴えたBも、ほかの誰も、Aがルールが守っていないことで不利益をこうむっているわけではない。Bが、何か恨みがあって、Aに意趣返しをしたいような場合にだけ役に立つルールと運用である。これが、私、Aのおとしいれられた状況のようだ。

 メールアドレスをブログのトップページに掲載すること、というルール(ニフティ利用規約)についての、ニフティから私宛へ警告メールと、私の状況説明と抗議に対してニフティ担当者が送ってきたメールの内容をわかりやすく書くと上記のようなことだ。

 前のエントリ(『ニフティから会員資格停止の警告』07/5/17)に書いたように、ニフティは、このブログのトップにメルアドを掲載しないと、私の会員資格を停止すると警告してきている。これについて、私の見解を述べ、社内での検討を促すメールを送ったところ、はたして紋切り型の回答がきた。

 そこでわかったことは、上に書いたようなルール運用である。メルアド掲載については開設者の自己責任にまかせている、チェックはしない。しかし、いったん誰かがそれを問題にしたら、警告し、場合によっては、会員資格停止までするということだ。メールにはこうあった。

 ただ、ココログ等を閲覧された方より掲載内容についてご連絡をいただいた場合には、その都度内容を確認の上、該当サービス利用規約に明確に反す箇所があると判断した場合には、弊社会員規約、各種サービス利用規約に基づき適宜対応を検討いたさせていただいております。

 黙ってやり過ごせば、黙認されるだろうとわかっている。しかし、私は、この問題をこのブログで訴え、メールアドレスをトップページ掲載をせよとの、時代に合わない規約をニフティが再考することを求めていくつもりだ。

 私は、この件に関しニフティ社内での検討を求めるとのメールを再度送った。しかし、当面求められたルール遵守に関しては、現実的な対応をしようと思う。意地を張り抵抗してみたい気持ちもあるが、無駄なエネルギーを費やすだけである。残りの時間は少ない。そんなひまはない。推定Bの思うつぼに嵌りたくない。

|

« ニフティから会員資格停止の警告 | トップページ | 本橋成一の写真 »

コメント

推定Bのブログから流れてきた そーだーふりかけ と申します。
今までずっとROMっていましたが、今回の件で「アクさんを応援するよ」といういことでコメントさせて頂きます。

推定Bはブログのサブタイトル(3流だのバカだの書くやつ)で、唐突に「"クマエリ"と違い自ら火を放つことはないが、降りかかる火の粉は払わねばならぬ」と書いたことがあります。

これは「俺の思考オプションには放火がある」と宣言しているようなもので、実は個人的に、アクさんが長期にドイツへ行くことを公表した時点から、放火に限らず何かされるのでは と心配しておりました。何しろ推定Bはアクさんの家を知っていますからね。
そうでなくても物騒になりつつある世の中。今後長期不在は、事後で宣言される方がよろしいかと・・・


今回の一件は、アクさんとしては不愉快でしょうが、個人的には、この程度の事でよかった と安堵しています。
現実的な対応をされる とのことなので具体的な処置は心配していませんが、これにめげず今後のご活躍を願っております。

投稿: そーだーふりかけ | 2007/05/18 12:53

そーだーふりかけさん
ご心配いただき、ありがとうございます。
そういわれれば、とも思いますが、まあ、私の方が何か心配することはないと思っています。
しかし、最近は、考えられないような行動に走る事件も多いですから、気をつけましょう。
応援ありがとう。

投稿: アク | 2007/05/18 13:24

アクさん、帰国早々トラブルで大変ですね。ところで、メールアドレスの記載ですが、@(アットマーク)だけを全角にして記載すれば、迷惑メールも多少は減るかもしれません。(このあたりは理学部卒のアクさんのほうがお詳しいでしょうが。)
なにしろ小生の場合は、医療機関ですのでそのままの記載をしています。また、Mailto:を貼り付けてあるのでそれも良くないのでしょう。ついに毎日のspamが日によっては500通を超えています。

投稿: drhasu | 2007/05/20 09:21

drhasu

昨日は撮影会(東京街歩き撮影会)で久しぶりにお目にかかれることを期待していたのに、お風邪とか、残念でした。

私も迷惑メールは日に200通は越えているでしょうか。ニフティの迷惑メールアドレス指定による振り分けを、ずっと続けてきて、最近では、ほとんど100パーセント近くの確率で振り分けてくれるので、助かっています。

最近なやまされているのは、このブログのコメントとトラックバック。これはIPアドレス指定で排除しているのですが、手を変え品を変えやってきます。旅行中も高額の接続費を払い、せっせと虫退治をしました。どうも台湾から発信される変な薬品とかHページへのお誘いが多いようですね。

まあ、インターネットをやっている以上、避けようのない必要悪みたいですが、プロバイダーが、それの手助けをするようなルールを押しつけるのは、変なことです。

投稿: アク | 2007/05/20 11:44

アクさん,はじめまして.いつもROMさせていただいております.
鬱陶しいことにプロバイダに通報があったようで大変ですね.
解決策として,画像にメアドを書いて,なおかつその画像はグニャグニャに曲げたもの(無料メールアドレスの登録とかで良くあるやつです)を掲載してみたらいかがでしょうか.
そしてそのつぎに「このブログサービスを提供している業者の連絡先はここ」とかかいてniftyのメアドをmailtoで書けば,niftyに大量のスパムが発信されてniftyの考えも変わるのでは?と思いますが,如何でしょうか.
あと,長期のネット離脱の際には,コメントやトラックバック機能を一時的にオフにして対処されては如何かと思います(記事多すぎて作業が煩雑過ぎるかも知れませんが).
長文失礼しました.

投稿: K.Funai | 2007/05/20 18:10

K.Funai さん

ご忠告ありがとうございました。いろいろと逆らいようはあるようですね。労力を使うだけのエネルギーもないものですから、一応ルールにしたがうことにしました。このブログのプロフィール欄にリンクしている本館の詳しいプロフィール欄のどこかに「メール先」を書きました。

投稿: アク | 2007/05/20 21:24

ちょっと他の方の開設しているココログをみてみました。アクさんご指摘の通り、メールアドレスを記載してあるブログなんてほとんど無いと思いました。

ただし、規則(法律)がもし悪いものであっても、それに従うのが善良なる市民でしょうかね。(法令遵守が重要であることは、永年国家公務員であったアクさんは百もご承知でしょうが。)ニフティを利用している以上、契約は契約です。

ところで、気になったのはニフティの規約です。
ココログ(フリー)利用規約では、
「3.ユーザーは、自己のblogのトップページ上に自己のメールアドレス(ニフティに登録し、着信拒否設定をしていないものに限り、以下同様とします。)を明示するものとします。」
となっています。

が、ニフティ会員用の有料版のほうの利用規約では、
「3.ユーザーは、自己のホームページのトップページ上に自己のメールアドレス(ニフティに登録したものに限りませんが、到達可能なものに限ります。以下同様とします。)を明示するものとします。」
となっています。

"ホームページ”というのは、"ウェブサイト”の誤用であると思いますが、果たして何を指すのか不明瞭であると思いました。そこで、規則をさらに読んでみると、
「2.ユーザーは、本利用規約の定めに従い、サービスを利用してホームページの開設、更新等を行なうことができます。ユーザーがサービスを利用して開設したホームページ及びウェブログ(以下「blog」といいます。)を、以下併せて「ホームページ」といいます。」
という記載があります。

とすると、アクさんの場合は自分のウェブサイトもニフティを使用して開設されているので、そちらのウェブサイトのトップページにメールアドレスを明記する必要があると思います。(この場合、ニフティ以外のサーバー上に自己のウェブサイトを開設している場合はどうなるのでしょうか?この規則は曖昧ですね。)

そして、トップページにメールアドレスを明示するとなると、厳密にはプロフィール欄へのリンクではなく、やはりトップページになるのではないか?と考えました。いずれにしても、もし、本当にニフティが会員資格を停止するならば他のほとんどのココログ開設者に対しても同様の措置を講ずることが必要です。

投稿: drhasu | 2007/05/21 01:52

drhasu

詳しいご指摘ありがとうございました。この件をはじめて知られる読者の方に、どういうことになっているかの詳細を知っていただくのに、大変役に立つ情報を書いていただいたと感謝します。

当初から、私もご指摘の部分は承知した上で、ニフティとやりとりをしています。

ニフティは、運用上は、規約を緩和し、プロフィールページなどでもいい、といってきています。

エントリに書きましたように、規約遵守を求められている以上、現実的対応をせざるを得まいと考え、私の場合はホームページとブログと共通のプロフィールページを設けていますので、そこにメールアドレスを記載しました。常用のものではなく、別のアドレスです。とにかく掲載してあればいいんでしょうという形にしてあります。

なお、この規約についての問題提起は、反響が大きく、書いただけの意義はあったかと思っています。

投稿: アク | 2007/05/21 10:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36654/15112416

この記事へのトラックバック一覧です: メールアドレスのトップページ掲載を求める、ニフティ:

« ニフティから会員資格停止の警告 | トップページ | 本橋成一の写真 »