« 政治家と言葉の力 | トップページ | おかしいぞ、「安全・安心」という連語 »

2007/09/27

太郎が嫌い

 率直にいって、麻生太郎が首相にならなくてほっとしている。政策がどうのということもある。政治家についての判断ではそれが本筋だろう。しかしそんなことより、この人の言動、表情、振る舞いなどが嫌いだからである。大げさな表情とものの言い方。野太く押しつけがましく聞こえる声。受けを狙ったようなひねったもの言い。歪んだ表情から突然のガハハという高笑い。「キャラが立つ」と若者言葉を使って総裁選挙時に繰り返された自己表現。ペンギンのように上半身を左右に振って歩くさま。それらのすべてに嫌気がさしていた。もしこの人が首相になって、この顔とこのもの言いを毎日見たり聞いたりすることになったらかなわないな、と思った。人をそういう外形的なことで判断してはいけないだろう。しかしこの嫌悪感は、人柄、人格、ものの考え方についての評価に直感的につながるものだ、と思っている。

 総裁選では善戦したそうだが、ともかく落選した。入閣要請も断って、表舞台から去ってくれた。次に備えるらしいが、できれば福田さんにがんばってもらって、麻生太郎の出番のないようにしてもらいたいものだ。福田内閣の評判は上々のようだ。しばらく持ちこたえ、中国や近隣諸国とも仲良くし、年金問題も何とか納得のいくように収め、次の選挙でまあまあの線で行けば、福田政権は続くのではないか。そう期待したい。

 日本の政治の将来をいうなら、本当は二大政党間の政権交代という時代がくるのを私は期待している。しかし、それはともかく、いまは節操もなく福田時代が長続きし、麻生太郎をパスして、自民党は次の世代にバトンタッチされることを期待している。それもこれも太郎嫌いのゆえである。次元が低い話で申し訳ない。

 毎日新聞の連載(引用句辞典)で、鹿島茂が今日(07/9/27)『好悪こそが決め手という、どうしようもなさ』のタイトルで書いているのは、同じ趣旨のことで、よくぞいってくれたという気持ちで読んだ。もっとも鹿島は、自分の好悪ではなく、麻生の敗因を分析してそういっているのだ。

 「政策とか政治理念という以前に、麻生前幹事長は、容姿、態度、言動すべてをひっくるめて、自民党の派閥や議員たちから『好かれて』いなかった。これに尽きる。」

 総裁を選ぶ選挙人にとって「嫌い」という度合いが、福田は少なく、麻生は大きかったというのだ。自民党員や議員による選挙で、それが果たして大きな要因だったか、私には分からない。彼らにとっては、自分のこれからの政治キャリアーにとって、どちらに乗るのが好都合か判断したのだと思う。その判断の一部には次の選挙でどちらが国民に受けるかがあり、そこに人物の好感度が反映したのだろう。

 麻生の祖父にあたる吉田茂は、在任中(1946年5月ー1954年12月、途中短く片山内閣あり)皆から嫌われていた。辞めてもらうのに周りが苦労した。反吉田の党として民主党が鳩山一郎のもとに結成され、自由党の方は副総裁の緒方竹虎が勇を鼓して引退を勧め、やっと吉田は辞めた。新聞は反吉田の言論で満ちていた。甲高い声で、人を小馬鹿にしたようなもの言いをして、非常に評判が悪かった。しかし、辞めたあと、時間が経つとともに、吉田の治世は高く評価されている。人物に対する好悪だけでは政治は計れないことは確かだ。麻生もそうなるかもしれない。しかし現時点では、好悪の感情をこんなに刺激されては、私としても「どうしようもない」のだ。

 ちなみに、先に引用した鹿島の連載『引用句辞典』は、古典から不朽の名句をひいてきて現代の世相を論じるものなのだが、今回の引用句は、2世紀初頭のローマ時代の詩人ユウェナリスの『風刺詩』から引いた「お前の鼻が気にくわん」であった。鹿島のいう「どうしようもなさ」は、人間の判断のレベルの低さを問題にしているのだろう。しかし、それが人間というものだ。

|

« 政治家と言葉の力 | トップページ | おかしいぞ、「安全・安心」という連語 »

コメント

なんと言っても、たまに出る、あのぞんざいな物言いがきらいです。うちの奥さんによると生理的に受け付けないタイプらしいです。

投稿: kazu | 2007/09/28 22:07

こんばんは。むかしおかあさんに《ひとの悪口をいうと口が曲がるよ》といわれたことがあります。ですから口のまがったひとはきらいです。そういう理由でたろうがきらいです。わたしもおかしいですか。

投稿: nyanya | 2007/09/28 23:18

麻生さんが、総裁選挙中に「四十を過ぎたら自分の顔に責任がある。」と言われたのが、不思議でした。ご自分が良い顔をしているという自信ですから、取り巻きが良くないことのあらわれでしょう。血筋が良くてもひどく下品なのは、それまでの生活としか考えられません。麻生人気を支える若者は、政治を真剣に考えない小泉劇場の観客ですが、日本が国際平和の先導者となるには彼らの再教育をどうするかなのか、われわれ中高年の再教育なのか、アクさんはどのようにお考えですか?

投稿: Miekli | 2007/09/29 10:50

私だけでなく、太郎嫌いの方が多いようですね。

でもこのエントリは、こういう好き嫌いで、政治を判断をするのはどうかな、という自省を込め多少戯画化して書いたつもりです。

嫌いで反撥する気持ちは、逆に好きでのめり込むことにつながるでしょう。小泉人気はたぶんにそういう面があったように思えます。政策は薄っぺらでした。

表面的な好悪を越えて政治家を判断するところまで、大部分の人々が政治的成熟を遂げないことには、日本の政治は低レベルにとどまるのでしょう。このエントリを書いた私も低レベルなのです。

Mielkiさんの書かれた、麻生をはやし立てた若者層はどういう意識を持っているのでしょう。右といわれたら無反省に右を向きそうで心配です。安倍晋三があんなに無様にポッキリとと折れてしまったことを、彼らにもっと考えてもらいたいところです。

投稿: アク | 2007/09/29 11:47

安部さんにしても(父親が危篤のときにゲームをしながら病院にいた)、麻生さんにしても(留学中までマンガ本を定期的に日本から遅らせていたと自慢していた)、政治家としては資質に問題があったと思います。誰が良いのか?といわれても答えに窮するのが日本の困った現状であると思います。

投稿: drhasu | 2007/09/29 23:18

左右の顔は多かれ少なかれ違っているようです。ことに唇は表情の大きな部分を占めており、左右が違っていると違和感が出るようですね。
麻生さんもそうですが、宇宙飛行士の毛利衛さんもそうです。
 昔から皮肉な笑い方を喩えて、唇をゆがめて嗤うと言った表現をしますが、麻生さんも毛利さんも笑うとそうみられます。
麻生さんが江戸っ子かどうか知りませんが、田舎者の私としては、あのぞんざいな口のきき方は江戸っ子なのかなあ、と思う程度でさほど気になりません。
 それよりは福田さんの官僚を絵に描いたような、顔やものの言い回しのほうがよっぽど気になります。足して二で割るしか能がない御仁ではないかなんて思ってしまいますねえ。
 まあ、ことほど左様に人間の好悪ほどあてにならぬことはないと言うところでしょうか。

投稿: 魔法使い | 2007/10/01 17:33

まあ理想をどれだけ言おうが、人間顔の良し悪しでかなり判断されるのが現実ですからね。
ただアク氏が(自覚的にせよ)そのような好き嫌いにとらわれるというのが以外でしたね。

でも顔と態度で今の政治家をみると誰がbestでしょうね?顔という点では確かに安倍氏は頼りなささが出ていたような気がしますし、逆に今の元気な小沢氏は往年の竹下派七奉行筆頭としてドス黒い政治をしてた頃を取り戻したようで興味深いものです。

顔だけなら前原さん?それとも小泉さん(笑)?

投稿: benzo | 2007/10/16 02:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36654/16591763

この記事へのトラックバック一覧です: 太郎が嫌い:

« 政治家と言葉の力 | トップページ | おかしいぞ、「安全・安心」という連語 »