« こわいもの | トップページ | 先送りでいいのか »

2007/11/20

昭和っぽい

 先日たまたま見ていたテレビ番組で「昭和っぽい」という表現を耳にし、「え?」と思った。はじめて聞く言葉だった。タレントの誰かれの印象をひとことで表現すると、というようなトークの場面で、それが出た。そんな言い方があるのかとググッて見ると、「昭和っぽい」が33,400件、「昭和ぽい」が2,160件もある。いまやふつうに使われている言葉らしい。72才、とんと世情に疎い。こんなエントリを今ごろ書くこと自体、「昭和っぽ」く、「昭和な人」とよばれるのだろう。いや、それより古く、「前・昭和な人」といわれるか。

 グーグルでの用例を見ると、「昭和っぽい」雰囲気、「昭和っぽい」もの、「昭和っぽい」イメージ、「昭和っぽい」デザイン、「昭和っぽい」生活、「昭和っぽい」味、「昭和っぽい」編曲、「昭和っぽい」路地裏、「昭和っぽい」ホステス、などなど多々ある。若者世代から見てレトロなものを、そういうらしい。ああ、もはや昭和はレトロで古くさい過去になってしまったのか。グーグルの検索リストを眺めて、そんな感慨を深くした。そのうちに、「昭和っぽい」考えとか、「昭和っぽい」思想とか、「昭和っぽい」モラルの持ち主というような表現も出てくることだろう。

 どのあたりの世代が、どの世代の人やものごとを「昭和っぽい」というのだろう。平成19年のいま、20才未満の若者は平成生まれである。20才代も、ものごころがつき、幼年期を送った頃はもう平成になっていた。その人たちが、それより上の世代に向かっていうらしい。「昭和っぽい」という言葉は、映画「Always三丁目の夕日」がはやり、そこで描かれた時代にノスタルジーを感じた世代と、映画から「昔はこんなだったのだ」と知った世代とのギャップから生まれたらしい。となると、昭和30年代に育ったり、青春時代を送った世代、現在40、50才代の人たちが、それより若い世代から「昭和っぽい」といわれるのだろう。となるとそれより年長の60、70才代は「昭和な人」からも外れていて、「前・昭和な人」ということだろうか。

 昭和時代を回顧するようになったことは、とうに気づいていた。半藤一利が「昭和史1926-1945」「昭和史〈戦後編〉1946-1989」の二冊本を出版したのは、02、06年、少し前のことである。ほかに私の手元にあるその種の本は、小林信彦「昭和の東京、平成の東京」(02年)川本三郎「林芙美子の昭和」(03年)、司馬遼太郎が「明治という国家」の対として書いた「昭和という国家」(98年)などである。これらの本が扱っているのは、戦争の時代としての昭和であった。私たち世代が回顧する昭和は、おもにそのような時代である。

 それに対して「昭和っぽい」といわれるのは、ようやく戦後を脱却し、高度成長を遂げつつあった時代のことのようだ。どうやら世代的には、「平成な人」、「昭和な人」(=高度成長期に育った世代)、「前・昭和な人」(戦時・戦後を知っている世代)と分かれるようだ。

 時代は次々に移りゆく。私たちの世代は、大正や明治をレトロなものと感じ、懐かしんだ。それよりもっと前の世代は、江戸の名残を求めた。永井荷風がそれだ。「昭和っぽい」と、若者から揶揄される現役世代は、戦中・戦後の窮乏を過去のものとし、変わりゆく都市空間を新時代のシンボルとして歓迎し、その狭間に残るものを懐かしんだ。そして今や高度成長期の名残りそのものがレトロなものとなっている。そのように時代も世代も交替していくのだ。やがて、この平成という時代を懐かしむ時代が来るだろう。それは、どのようなものとして記憶されるのだろうか。

|

« こわいもの | トップページ | 先送りでいいのか »

コメント

Googleを使い始めたのはかなり早く、1999年ごろと思いますが、「ググる」は初めて知りました。早速ググってみると2001年には映画の中で既に使われており、日本でも、その頃には使われ始めていたようですね。毎日かなりお世話になっていますし、中学生の娘がいまして、例えばKY「空気が読めない」などはかなり早かったのですが、今日まで知らずにおりました。「Miekli」は環境関係で使用し、個人情報も公開なので、最近はこちらのハンドルネームで書き込んでおります。

投稿: Viola | 2007/11/20 12:48

Viola さん

はじめましてではなくて、Miekliさん改、なのですね。

近ごろの言葉の乱れには、かなりネガティブなのですが、この「昭和っぽい」は、面白いと取り上げました。「昭和な人」の「な」は、誤用ですが、それを承知で使うならいいかと思います。

「ググる」はもはや立派な単語ですね。間もなく辞書にも採用されるでしょう。英語では"google"が動詞で使われているようです。
http://en.wikipedia.org/wiki/Google_%28verb%29

投稿: アク | 2007/11/20 13:19

「ググる」が普通名詞として認知されてしまうと、グーグルが著作権(商標権?)を失う虞があるという記事を読んだことがあります。あまりに認知されてしまうのも考え物ですね。

投稿: drhasu | 2007/11/22 23:30

グーグル、「ググる」の使用に難色(CNET Japan 06/8/17)
http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20203307,00.htm

に、そのことが報じられ、様々な意見があることが紹介されています。結局皆がふつうの会話に使うようになる勢いを止めることができないし、それはグーグルの普及についての賛辞だというのが一般的意見のようです。辞書登録についても商標登録されている言葉が語源であることを明記すれば問題ないといわれています。グーグルも抗議だけはしておこうということでしょう。

投稿: アク | 2007/11/23 16:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36654/17127288

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和っぽい:

« こわいもの | トップページ | 先送りでいいのか »