« 届かなかった手紙 | トップページ | 新しい年 »

2007/12/21

線引き

 C型肝炎薬害問題の解決を難しくしているのは、「線引き」らしい。製薬企業がフィブリノゲンの製造工程を変えたため、感染危険度が高まることになった85年8月から、厚労省が危険を認識して緊急安全性情報を出した88年6月の期間。この間については責任を認め救済しようというのが「線引き」である。製薬企業については製品を流通させたままにしたわけだから、もっと広い範囲に責任があるだろうし、政府にしても、書類一つを出しただけで、放置しておいた責任はあるだろう。線引きについても、各地の裁判所の判断はまちまちらしい。今回、大阪高裁は和解勧告するに当たって、最も範囲の狭い線引きを採用したうえで、そこから先は政治判断ですよと、政府の対応にゆだねたようだ。その後の混乱からすると、なまじ線引きについての判断を出さない方が政府は柔軟な和解案がが出せたのかもしれない。法律というのは冷たいものだ。責任範囲を線で決める。実際にその線を越えて人命は損なわれているにもかかわらずである。

線引きを曖昧にしたまま、補償金で解決を 舛添厚労相は和解方策を見誤ったようである。被害者たちが線引きを拒否し、一律救済をいっているのに、線引きとそれによる責任範囲をあいまいにしたまま、金さえつめば解決出来ると思ったらしい。大臣は関係者を懸命に口説き、小出しながらも和解のための補償金を増やして行った。最終的には、予想される一律救済が可能なまでの金額を用意しながらも、線引きについては口を濁した。実質的に一律救済だと被害者を口説こうとしたが、被害者に一蹴されてしまった。

「命の線引きは許すまじ」と 被害者たちは、じつにまとまりがいい。「命の線引きは許せない」が、彼らの主張である。原則論にしっかりと立ち、お金をちらつかされても、解決時期がたとえ延びることになっても、全員一律救済を譲らなかった。原告団メンバーひとりひとりが受け取る金額を減額してでも、全員一律、線引きなし、に固執した。立派なものだ。

線引き=デマケーション 「線引き」は、お役人にとってとても大事なことらしい。私がそのことを知ったのは、研究の仕事を離れて研究所経営に携わるようになり、関連でお役人とも付き合うようになってからのことである。ある役所からの天下り役員が「君、この問題で重要なのはデマケーションだよ」と、下のものに指示しているのを聞いた。あまり聴き慣れない言葉だ。辞書で調べると、demarcation、境界画定の意味と知った。いわば線引きである。動詞なら demarcate = 境界線を確定する、線を引く、はっきり分ける、などの意味だ。この人はそう横文字を口にする人でなかったが、この言葉だけは繰り返しよく使っていた。

「デマケ」はお役人の得意技、また生命線 じっさい多くのお役人がこの言葉を口にする。略して「デマケ」という言い方まで存在する。「そこのところ、デマケがあいまいだな」というような使い方をする。行政にとって大事なのは「線を引くこと」だ。問題になっている案件について、まず何が問題か、概念をはっきり線引きすること。そして、どこまでが行政的対応が必要な範囲で、どこから先は放っておいてよしとする、線を画定すること。これが行政の仕事の本質なのだ。そのことをこれほどはっきり表す言葉はない。考えてみれば、税金、年金、医療費みな、線引きの問題なのだ。

現実世界は線引きできない しかし、現実の世界はそうはっきりと線引き出来るものではない。広島・長崎で原爆によって被爆した人が、被爆者認定を受け、医療費などの補助を受けるためには、爆心地から何キロメートル以内で被曝という判定基準、いわば線引きをパスする必要がある。放射線被曝による後遺症が発症するか否かに、そんな明確な線引きが存在するはずはないのだが、補償をする行政にとっては、線引きしないことには無際限になりかねないと考えるわけだ。

線引きは同時に責任の問題 今回の問題でも、行政は線引きに非常にこだわっている。そこだけは譲りたくないようだ。そのわけは、補償金額の限度問題もあるが、責任論に発展するからだろう。誰が放置したのかという。そして88年6月以降投与された患者をも補償するとなれば、文書だけ出してそれ以後のフォローを怠った担当者の責任が問われることになるのを恐れるのだろう。

政治決断の行方 こうなったら、政治の出番である。舛添大臣は懸命に努力しているようだが、しょせん小手先の妥協をめざしてウロウロしている。公明党も一律救済をいいだしている。最後はハンセン病控訴断念を決断した小泉首相のように、福田首相が決断をするのではないか。内閣支持率が下がっている中、最後の切り札として福田首相を温存しているとの新聞解説もある。

 この稿を用意しているうちに、大阪高裁が和解案を出し直すといいだしたようだ。よき決着を期待したい。

|

« 届かなかった手紙 | トップページ | 新しい年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36654/17437023

この記事へのトラックバック一覧です: 線引き:

« 届かなかった手紙 | トップページ | 新しい年 »