« 中性子研究の進展を喜ぶ | トップページ | 麻布十番撮り歩き »

2008/06/12

明暗差の大きなシーンを撮る試み

080612hdr

 今日は趣向を変えて、最近興味を持っているデジタル画像処理について、試してみていることと、理解していることを書いてみよう。

 上の写真(クリック→拡大)、一見、何でもないように見えるだろうがずいぶん変なのである。こんな写真を撮れるだろうか。晴れた空に昼の日光を浴びてマンションが空高くそびえている。手前の神社の屋根はともかく、朱塗りの柱や内部の壁や格子戸などはかなり薄暗い。それが同じ程度の明るさで写っている。明暗差が大きく違う部分が大差なく見えるように補正して作った画像なのである。最近のハイ・ダイナミック・レンジ(HDR)イメージ技術を使ってコンピューター処理した画像である。

ダイナミック・レンジ 私たちが日頃見る世界は、明暗の差が非常に大きい。人の目は、その明暗差に順応して、明るいところも暗いところも見ることができる。しかし写真に写すと、明るいところは白トビし、暗いところは黒つぶれしてしまう。一枚の画像に記録できる明暗差は、300階調程度、すなわち、300:1のダイナミック・レンジしかない。それを写真用紙にプリントすると、どんなに高いコントラストを持つ用紙を使っても、200:1ぐらいしか階調は出ない(テレビやパソコンのモニターはもう少しよくて、500:1)。人の目は部分部分に目を向け、そのさい注目したものに応じて瞳孔を調節して見るので、同じ場面を見ながらも1,000,000:1ものダイナミックレンジがあるという。たとえば上に掲げた画像の場面に対したとき、空やマンションをこの画像のように見ることができるし、目を神社に向けると、社屋の中の格子戸などをこの画像のように見ることができる。しかしカメラで撮ると、このように広い明暗差を捉えることは難しい。

HDR技術 それを何とかしようというのが、HDRイメージ処理技術である。明るい部分に露出を合わせて撮った画像と、暗い部分に露出を合わせて撮った画像とを「合成」して造った画像なのである。合成といっても貼り合わせたわけではない。露出を2段分ずつ変えた3枚の画像を、パソコン上のソフトで処理したものである。一つ一つの画像は、14ビットのダイナミックレンジを持つ。それを合成して、32ビットの画像をコンピューター内に作る。これはそのままでは見ることはできない。プリントしても、ディスプレーに表示しても、それだけのダイナミックレンジを表すことができない。それを8ビットないし16ビットの画像に作り直して、表示できるようにする。これをトーン・マッピングという。操作を模式的図示したのが下の図である。

080612mapping_2

トーン・マッピング このトーン・マッピングのさいに、均等に圧縮してもいいのだが、それではおもしろみがない。どの部分の階調を強調して最後に残すか、その操作次第で(下の模式図)さまざまな味の画像を作り出すことができる。最近HDRを使った画像としてよく目にするのは、シュールな、ありえないような画像である。私が上に示したのは、そのようなことをせず、できるだけ自然な写真として仕上げた画像である。

080612tonemapping


写真作品に使えるか ここで解説したような明暗差の大きな対象をできるだけ忠実に写しとろうとすることは、作品としての写真の善し悪しにはあまり関係しない。いい写真作品は、むしろダイナミックレンジの狭いことを巧みに使い、暗さの存在に意味を込め、光の当たった主役を引き立たてるような撮り方をしたものである。全面、等しく明るいというような画像はむしろ平凡である。しかしこういう技術も場合によっては面白い画像を作り出すかもしれないと、やってみている。念頭にあるのは、ルネ・マグリットの代表作「光の帝国」のような、自然なようでありながら超現実的な画像である。

 なお、この説明に使った模式図は "Complete Guide to High Dynamic Range Digital Photography" から借用した。また作例としてお見せしたのは、元麻布1丁目の氷川神社で撮影したもので、後ろの高層マンションは「フォレストタワー」である。HDR処理は Photomatix というソフトを用いた。

|

« 中性子研究の進展を喜ぶ | トップページ | 麻布十番撮り歩き »

コメント

ご無沙汰しております。
こんな処理が出来ると、都市景観を議論するのに大変便利ですね。
この写真を見てアクエリアンさんは都市の景観をどのように考えますか?
 いいところを見つけようとしましたが、このビル、単体としても相当醜いですねえ。
 社の背景としても、社の後ろからぬっくと突き出した、現代版鬼の金棒みたいで、グロテスクですね。
 私はワースト都市景観賞というのがあってもいいと思いますが、この建物はトップクラスなのか、それとも、こんな程度で驚いてチャいけないよ、ということなのか、
 アクエリアンさんのこれまで撮りためた写真を使って、東京ワースト景観展を開催していただけませんか。

投稿: 魔法使い | 2008/06/21 08:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36654/41509753

この記事へのトラックバック一覧です: 明暗差の大きなシーンを撮る試み:

« 中性子研究の進展を喜ぶ | トップページ | 麻布十番撮り歩き »