« 信濃追分、2008年 | トップページ | 他者のために自分の命を捨てること »

2008/08/23

iPhoneは使いものになる

 iPhone(正確にはiPhone3Gだが、以下単にiPhoneとする)を2週ほど前に手に入れた。主たる目的は、水戸の本拠地から、東京宅へ,あるいはほかの旅行先へ出かけたさいに,メールの送受・ネット接続などをおこなうパソコンの代用として使うためであった。いつも重いノートパソコン(Macのノートは、とても重い!)を携行する必要があった。その代わりになるか。iPhoneを入手した直後の信州旅行、今回の東京滞在で,十分使いものになることを確認できた。それに加えて多様な機能もある。使用感が楽しく、快適だ。これは期待以上の代物だ。

 ケータイ愛用者が、iPhoneを新しい携帯電話と思い込んで乗り換えると、不満が多いことだろう。彼らがひんぱんに使う携帯メール機能は、iPhoneにもあるものの,きっと戸惑いがあることだろう。携帯から携帯へのメールで拒否されることもあるそうだ。これまでのソフトバンクの携帯メールとは別の新しいドメイン名のメルアドになっている。ソーシャルネットワーク:mixiのiPhoneのコミュには、そのことについてのトラブル問い合わせがたくさん書き込まれている。そもそも iPhone を使いはじめるには,パソコンによるアクティヴェーション(初期化)が必要で、これまで自分用のパソコンを持たず,携帯で用が足りていた層はこんなはずでなかったと、戸惑っているようだ。iPod使用の場合と同じく、iTunesがインストールされているパソコンが手元にないと、iPhoneの機能を活かすことができないのだ。

 iPhoneを携帯からの発展としてでなく、手のひらに載り、身につけて動けるパソコンと考えると、これは画期的な発明品だ。どこでもメールの送受ができるし、ネットにつなぐことができる。小さい画面でネット画面が読めるか。ごく自然な画面拡大、スクロール機能がついていて、十分読むことができる。自分のブログ、HP、フォトギャラリーを小さな画面で見て、悦に入っている。いつも見にいくブログをどこでも閲読できるのはありがたい。そのうちに使いやすいRSSリーダーを入手しよう。iPhone用のアプリがどしどし開発されている。まだ探していないが、RSSリーダーも供給されているだろう。

 ウェブ閲覧の場合、問題はある。複雑にハイパーリンクしているHPを開いていくと、「すでに多数のページを開いているので、新しいポップアップができません」というメッセージで,中断せざるを得なくなる。キャッシュメモリーが不足なのだろう。メール受信に先立って、迷惑メール処理をプロバイダーのWebメールページ上でやってきたが、そのメッセージが出るため、それができずにいる。仕方なく、迷惑メール込みでメール受信する。それでも、気分のいいメール削除機能があるので、エイヤッとばっさり、あるいは一通ずつ落としている。当面ウィルス汚染の心配がないので、これでいいだろう。

 2カ所に居住地を持つと、インターネット環境をどうするか,悩ましい。2カ所にブロードバンドを引くのはもったいない。東京宅に滞在する日数は少ないから。これまでライブドアのワイアレスを契約した時期があったが、これは自宅までは電波が来ていない。やむなく,屋外の公園でつないだりしていた(ここ)。メールの送受は、固定電話からダイヤルアップ接続で間に合うが、ウェブ閲覧まではやる気がしない。emobileが提供している携帯電波帯でのモデムの使用を検討しはじめていた。ただし、ノートパソコンを携行する手間には耐えなければならない。

 そんなところに、iPhone3Gの到来である。これぞ、私が求めてきたものだ。発売当初の熱気に乗る気はせずにいたが、間もなくどこでも入手できるようになった。月8000円超の使用料(パケットをフルに使う場合、機器の24ヶ月割賦を含む)は重い負担だが、東京宅の固定電話とこれまでの携帯を解約して,差額を新規負担と考えれば、便宜に見合う。パートナーは必ずしも同意しないが、新しいオモチャとして容認してくれている。

 アップルは、これまでも .Mac(ドット・マック)というサービス(有料)を提供してきた。私はこれを重宝に使ってきた。二つのMacで、データを共用し,同期を取ってくれる。そこにウェブページ、ブログをもてる。私のフォトギャラリーと、HPの一部はそのサービスを利用している。今回のiPhone3Gの発売を機に、それは名を変えて、MobileMe となった。iPhoneとの同期のための対応と、PC・Windows 利用者へのサービス提供のための改変である。すでに使ってきたものは,iPhoneをシームレスに利用開始できる。iPhoneをパソコンにつないでアクティベートすると、これまでパソコンで使ってきたメールアカウントが、そのままiPhoneに移植され、新たな設定の手間なく使いはじめることができた。アドレス帳やスケジュール管理も、同期動作で移植された。「お気に入り」も移されて、Webページの閲覧を,URLの新たな入力なしに始めることができた。もっともMobileMeの初期トラブルがあるらしく、ときどきデータが消えたり、復活したりしている。ニュースメディアにも問題提起がなされ(たとえばここ)、アップルも利用者に詫び状を入れたり、有料期間の延長(現時点で3ヶ月)で対応したりしている。

 iPhoneの機能として素晴らしいのは,マップである。すでに携帯でも利用されている機能だが、iPhoneに搭載されているほどのものは、まだないのではないか。これをもって街歩きすると、自分のいる場所をGPSで探知して、地図を表示してくれる。地図の拡大縮小も自在だ。衛星写真地図も楽しい。交替で、あるいは重複して、表示できる。地点を登録できるし、自分の歩いた経路を記録できるらしい。未験だが。

 iPodは,音楽を聴きながら動き回ることがないので、今まで手を出さずに来た。iPhoneには、それがついてきた。早速,母艦の iTunes のライブラリーから,一部を移し、朝のウォーキング時に、FMの代わりに聞くようになった。これで、長年聴き慣れてきた「バロックの森」とは縁がなくなりそうだ。

 iPhoneのファームウェアは、すでに何度かアップデートされているし、今後もそれが期待される。また,アプリ開発言語が公開されていて、サードパーティによるアプリが開発され、有料・無料で公開されていて、App Store から入手できる。私はすでに無料のNYタイムズをダウンロードした。これはネットブラウザーを介さずに、直接NYTの主要記事,論説欄などを配信してくれる。これはありがたい。このエントリを書きはじめる前に、「オバマ候補が副大統領候補として、Biden上院議員を選んだ」とのニュースを読んだ。著名なOpEd寄稿者による論説をこれまでより身近に読めそうだ。

 不満もある。メールの送信テキストの入力は,慣れないせいもあるが楽でない。長いテキストを書く気がしない。途中で画面が消え、下書きに保存していないときなど、ガックリする。カット・アンド・ペースト機能がない。メモ帳はついているが,この機能がないと、テキストエディターにならない。今後のファームウェア・アップグレードでなんとかなるのか。ほかにBluetooth接続などによるミニ・キーボードが発売されるのを期待したい。iPhoneによるブログエントリ書き込みができるようになったら、私はiPhoneだけを持って、旅にでられる。

 このiPhoneはまだまだプロトタイプだろう。iPodと同様これからどんどんモデルチェンジして、パソコン・携帯電話・携帯音楽プレーヤーなどの電子機器の姿を変えていくのではないか。

|

« 信濃追分、2008年 | トップページ | 他者のために自分の命を捨てること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36654/42249869

この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneは使いものになる:

« 信濃追分、2008年 | トップページ | 他者のために自分の命を捨てること »