« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008/09/24

『核燃料リサイクルを再考する』

 最近米国を中心に原子力先進国で「原子力ルネッサンス」が到来している、といわれる。意味合いはさまざまだ。これまで停滞気味だった原子力発電所の新設がこれから盛んに行われる時代になる、というのはおおかたの理解である。それに加えて、再処理とプルトニウム・リサイクル、さらには新型炉による長寿命放射性物質(超ウラン元素、TRU)を始末してしまおうという計画までを含めて、原子力新時代という向きもある。「日経サイエンス」08年10月号に、F.N.フォン・ヒッペルが、上記のタイトルで書いている論文(ここ)をもとに、この問題を考えてみよう。

 著者の主張は、まとめていえば、原子力による発電は、米国でも、世界中でも増やしていかざるをえないが、再処理ー核燃料リサイクルまで踏み込むことには賛成できない。その理由は、莫大な費用がかかり経済性が成り立たないこと、プルトニウムの拡散に歯止めがかからないことである。当面の処置としては、使用済み燃料の乾式貯蔵を推奨している。

続きを読む "『核燃料リサイクルを再考する』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/19

閃輝暗点、私の場合

 畏友、Dr. 松本がブログ(『Dr.松本の医学落穂拾い』)をはじめられ、長年にわたる臨床経験にもとづいて、さまざまな医学情報を書いておられる。そのなかで先日、閃輝暗点のことを話題に取り上げられておられた(「閃輝(せんき)暗点に関して」08/9/01)。脳内の血液の循環の問題だと。それほど深刻な症状の前触れでなさそうだと分かった。思い出してみると、たまに数ヶ月に一度程度、症状が出てくる。ほとんど忘れていた。ところが、つい最近、二日続けて出た。2週間ほど経って、今朝また出た。

続きを読む "閃輝暗点、私の場合"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008/09/13

別の気楽なブログのつもりながら

 じつは少し前から、別のブログを書いている。このブログ"Aquarian's Memorandum"は、内容がときには重く、長たらしくなっている。それは自覚している。しかし、すでにできあがっているブログの性格が、書くもの自身を規制してしまう。自分で自分のハードルを高くしている。自分で自分の首を絞めているとまではいわないが。もっと軽い話題を取り上げ、気楽に書いていこうと思いながらも、それができない。

 別のブログを作り、そこでは、気になった出来事・情報や、断片的な感想、身辺雑記などを、もっとハードルを低くして、書き散らしてみよう、と思い立った。そして作ってみたのが、このサイトの双子のブログ「アクエリアン雑記帳」である。

 しばらく書いて、調子が出てきたら、公開しようと思っていた。1週間ほどやってみて、できたものを見ると、われながら相変わらず。いっこうに軽く書けていない。それでも本人は、ハードルを下げたつもりなのだ。しかし名前からして、性格付けがうまくできていない。これでは、二つのブログを持つ意味がなさそうだ。だが、できたものは仕方がない。しばらく、この調子で二つのブログを併行してやってみて、どうなるかを見てみよう。ということで公開。お笑いくだされ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/07

車を買い換え

080907

 車の買い換え大作戦が、やっと終着点に来た。これまでわが家には2台の車があった。私は比較的大きな普通車アリストを、パートナーのみやは軽自動車のヴィヴィオを使っていた。遠距離のドライブ用にはアリスト、近場の用足しにはヴィヴィオと使い分けていた。高速道路を使った遠距離のドライブには、なんといっても大きな車が快適で、安全だ。近場では軽自動車で十分用が足りる。それにパートナーは、かつてアメリカでは大きな車を乗りこなしていたとはいえ、このところずっと軽自動車に慣れ、それしか運転できないという。1台の小型乗用車にするという考えはとうにあったが、パートナーが運転できるかという点で難があり、退職後7年、車2台態勢でやってきた。

続きを読む "車を買い換え"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/09/02

健康によい食品選びのための指標:ONQI

080902onqi_2

 新着のナショナル・ジオグラフィック誌(08/9月号)を拾い読みしていたら、こんな記事が目についた。米国で、栄養価をあらわす指標 ONQI というのが新たに導入され、スーパーで売られている食品に表示されることになるという。すべての食品に、1-100の指標が付けられる。点が高いほど,健康にいいと。健康を気にする消費者は、スーパーで食品を求めようとするとき、この指標を参考にするといいというわけだ。たとえば、ブロッコリーやオレンジは100、リンゴ、キャベツ、トマトが96、紅ザケ、鯛、エビが、それぞれ、82、82、75と、高い指標を与えられ、他方、ステーキ、鶏胸肉、ハンバーガー、目玉焼き、ホットドッグなどが、それぞれ 44、39、25、18、5 と低い指標になる。ナショ・ジオ9月号の「健康」欄に80ほどの品目の指標が出ている。

続きを読む "健康によい食品選びのための指標:ONQI"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »