« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »

2009/10/04

政権交代で日本の「過保護」文化が変わる?

 民主党政権が誕生し、動き始めている。政治の大きな転換を図っているから、さまざまな困難が予想されるが、先行きを期待したい。これに関連して、小説家・池澤夏樹が、過保護な日本社会の変化を期待すると、新聞に書いている。紹介して見る。元記事は、朝日新聞への定期寄稿欄である(09/10/03夕刊「終わりと始まり、上から降る言葉、民主で〈過保護〉も変わる?」)。

 池澤は5年ほど前にパリに移り住んだあと、日本に帰ってきた。欧米社会に住んだあと帰国した人が、日本社会についてほぼ共通に覚える違和感がある。それは社会に充満している過剰なお節介である。町を歩いても、エスカレータに乗っても、電車に乗ろうと駅へ行っても、賑やかで、うるさい言葉の数々が「上から降ってくる」。音声であったり、表示ボードの文字であったりする。池澤は、フランスで、その種のものを、耳にしたり、目にしたことはない、と書く。逆に「日本の買い物には会話がない」、「日本はまるでロボットの国のようだ」とも感じる。

続きを読む "政権交代で日本の「過保護」文化が変わる?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »