« 金沢に住んだ頃(前篇) | トップページ | 金沢に住んだ頃(後編) »

2010/12/02

深町純の死

101126

 純が亡くなった。突然の死だった。心臓の動脈解離(動脈の層構造が剥がれてしまう)が原因とされる心嚢血腫(心臓を包む袋の中に出血)で、22日夜、寝ているうちに突然死してしまった。葬儀で会った純の妹、エリによると、一週ほど前に、視界が真っ暗になるという予兆があったらしい。その時に診察を受けていれば、死を避けることができたかもしれない。彼の死で失ったものが大きいだけに惜しまれる。病院嫌いは親譲りなのだろう。彼の父も病院嫌い、医者嫌いを通し、何か訳の分からないままに自宅での死を迎えた。私の叔父に当たるこの父親の死についてはここに書いた。純とこの父親についても話題にしている。

 彼は稀代の反逆児だったから、自分の葬儀などまっぴらごめんというところだらう。しかし、遺族や周辺の音楽関係者にはそうはいかず、この葬儀となったようだ。弔辞の中で友人が語っていたことによると、彼はこのところ「カドが取れて」丸くなったというから、それでいいよと言っているかもしれない。日本基督教団の目白教会で葬儀が行われた。その場所は、純にとっても無縁ではない。幼児の頃、その教会の近くに住んだ。母親の通った教会であり、自分も教会付属幼稚園に通った。日曜学校にも出たことがあっただろう。その教会に、多くの音楽関係者や彼のファンが集まり、彼の死を悼んだ。彼の棺に花を手向け、彼との最後の別れを惜しむ人々の列は、1時間以上に及んだ。親族ゆえ最初に献花をすませ、そのまま会場の外に出てしまったあと、久しぶりに顔を合わせた姉弟たちと四方山話するために寄った近くの喫茶店の窓外を、ひっきりなしに弔問を終えた喪服の人たちが通り過ぎるのを見た。

 深町純は、07年頃まで恵比寿駅近くの「アートカフェ」で、月に一回のライブ演奏をやっていた。私も一度行ったことがある(ここにその時のこと)。そこで彼はもっぱら即興演奏をしていた。その瞬間に彼の音楽脳に降臨した曲を即興曲として演奏するものだ。それはすばらしいものだった。アートカフェが閉店したことと関連しているか知らないが、彼は自分がオーナーの店「FJ's」を経営するようになり、仲間の音楽家たちにライブの場を提供したりしていた。みずからも月に1回、即興演奏をしていた。アートカフェから通算してのライブ歴は118回になるという(下記の吉岡氏のブログによる)。最近自分のライブをUstreamに流すことをはじめたそうだ。その最後、10月30日のライブ演奏がUstreamにある。純の即興演奏がどんなものか生々しく残されている。

第1部:http://www.ustream.tv/recorded/10517739
第2部:http://www.ustream.tv/recorded/10520414

 彼は2年半前に結婚していた。彼らしく私たち親戚には何の音沙汰もなかったが、音楽仲間には歓迎されたらしい。葬儀の弔辞で、彼の音楽がいちだんと良くなり、これからさらに新境地を開いて活躍するだろうと期待された、それはパートナーとなった布美子さんのおかげだった、と話されるのを聞いた。その結実の一つが、新しく結成されたグループだった。私はその方面をとんと知らないが、うちの息子にいわせると、ヒカシューの佐藤正治、BARBEE BOYSのKONTA、そして深町純と組んだ新バンド「僕らのしぜんの冒険」はすごいものと。その1stアルバム「garden」が、死の直後11月24日に発売された。CD発売を期して一連のコンサート・ツアーも計画されていたようだ。

 そんな彼の音楽人生がぷっつりと途切れてしまったのは、本人にとっても、身近な家族たち、音楽仲間にとっても、残念至極だったろう。彼は音楽に対する自分の考え方を純粋に保持しようとした。音楽以外のもの、権威だとか、商業的なものを断固として拒否する姿勢を貫いた。作曲家、演奏家としては、新しいものに果敢に挑戦し、音楽表現の幅を広げようとした。電子技術を使った演奏手法、シンセサイザーをいち早くものにした。日本におけるシンセサイザーの第一人者と呼ばれた時期もあった。クラシック音楽とジャズやロックなどの現代音楽とを融合した音楽領域、フュージョンでも先陣を切った。音楽のジャンルやその間の境界などないというのが、彼の主張であり、彼の音楽人生だった。一部の愛好者には彼の音楽は大いに評価されていたが、業界にはそっぽを向いていた。その彼が、年とってすこし丸くなったのか、上記の新バンドに加わり、彼の音楽をより広く知ってもらう方向へと歩み出した。その矢先の突然の死だった。それも運命なのだろう。これまで彼が辿り築いてきた音楽は、彼のユニークな生き方とともに、彼を知る皆の心に長く留まることだろう。

このエントリを書くに当たって、目につき、参照したブログ記事を以下に引用しておく。

ピアニスト深町純氏急死(吉岡正晴のソウル・サーチン)
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10716152876.html
ピアニスト 深町純さん急死 (パート2)~これまでに書いたもの一覧(同上)
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10716970858.html
深町純キーボードパーティー第119回~主なきパーティー(同上)
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10720889599.html


深町純 死去 あまりにも唐突に..計り知れない悲しみ(猪子舞様のページへようこそ)
http://plaza.rakuten.co.jp/adoreinc/diary/201011230000/

深町純さんの告別式 (Round Here)
http://chobisgarden.blog60.fc2.com/blog-entry-3212.html

|

« 金沢に住んだ頃(前篇) | トップページ | 金沢に住んだ頃(後編) »

コメント

はじめまして。
ここ1年半位は、毎月、即興のライブに通っていました。

今年の夏前に、私を含めて3名が深町さんからUstream配信の相談を受け、ここ3ヶ月は私が配信していましたが、まさかこんなことになるとは考えてもいませんでした。

そういう目的でやっていたのではありませんが、結果として、深町さんの最後の演奏の記録を残せて良かったと思っています。

今月の最後にもまだライブがあるような気がしています。

投稿: 鈴木 | 2010/12/02 22:43

鈴木さん

純の最後のライブをUstreamで残してくださった、鈴木さんご本人からの書き込み、ありがとうございます。

この映像と音楽、まことに貴重なものです。純は亡くなりましたが、この映像の中に生の姿で生きています。良かったです。あの場に行けなかった人たちも、純の音楽がどんなものであったかを、今になってみることができます。

直後の11月27日の主なきキーボード・パーティの映像も吉岡さんのブログの紹介で知り、見ました。そこでも以前の彼の演奏や歌声を聞くことができました。

今月もう一度とのこと、25日ですね。賑やかに彼のことを偲んでやってください。

吉岡さんにお会いになったら、よろしくおっしゃってください。彼の記録したものが日の目を見ることを期待しているともお伝えください。

投稿: アク | 2010/12/03 09:09

鈴木さん

ブログ主のアクです。

返事のコメントを書いておきながら、公開手続きをするのを忘れていました。せっかく書いてくださったのに、応答もせずということになっていて申し訳ありませんでした。

投稿: アク | 2010/12/05 16:45

はじめまして。
貴ブログでリンクを貼っていただいた者です。
このところアクセスが増えたので、アクセス解析をしてみたらこちらに辿り着きました。
ご紹介のCD、知らなかったので、早速注文いたしました。
私事ですが、私の父も8月に急逝いたしまして(74歳でした)身体にものすごく悪いところもなかったのですが、今思うと、いろいろと予兆はあったんだろうなーと。(深町さんのように病院嫌いではなかったのですけれど)
この夏の酷暑は老人には厳しすぎました。
父と同じ年の横尾忠則氏のtweetを読んでは体調を心配していたものでしたが^^;
アクさんもご自愛くださいませ。

投稿: chobi | 2010/12/06 14:30

chobi さん

コメント書き込みありがとうございます。

おたがい純の告別式に出ていたのでしたね。
教会のお葬式というのが、外の人にどう感じられるのか、率直に書いていただいて、よかったです。

私も、イエスによって「死が乗り越えられた」のだ、という説教の趣旨は、非信者には、慰めにはなっても、分からないだろうと思いました。

彼がいなくなって、もはやナマの演奏を聴けないというのは厳然としたリアルで、どうしようもないからです。

お父上はほぼ私の歳でお亡くなりになったのですね。急死だとか、お悔やみ申し上げます。私の身辺でも同世代でなくなる方がこのところ増えています。私はさいわい今のところ健康に過ごしています。

投稿: アク | 2010/12/06 20:55

こんばんは。初めまして。
深町さんのお店には、ときどきお邪魔しておりました。
藤島新さん(ご存じないかも知れませんが)が歌うとき、深町さんがピアノを弾いてくださっていて、その素晴らしいピアノにどれだけ聞き惚れたかしれません。
あまりに突然の訃報に、声もなく、11月5日の藤島新さんのライブでの「尖閣諸島」をテーマとした即興演奏を聞いたのが深町さんの即興演奏を聴かせていただいた最後のなってしまった、ということも受け入れがたくおります。
「ショパンは僕のアイドル」とおっしゃりながら、人前でショパンは弾いたことがなかった深町さんがショパンイヤーの今年、初めて人前でショパンを弾かれました。
その素晴らしい演奏は、今も耳に残っています。

今夜、FJ'sで深町さんの藤島新さんによる追悼ライブがありました。
ピアノはエリさんが担当されました。
あのピアノの前に深町さんがいらっしゃらないこと・・・
わかってはいても、涙が出ました。

投稿: | 2010/12/23 01:36

杏さん

純の死を受け入れがたく、こうしてこの欄に書き込んでいただく方が続いています。

どなたもが、これからの活躍を楽しみにしておられた、そこに突然の死。深い喪失感。しかし、それを超えていかなければならないのでしょう。

深町純が、ショパンを人前で弾くのを聴いたことがありますよ。何年も前のことですが、銀座の王子ホールでコンサートをしました。第2部では、珍しくタキシード姿で登場し、皆の笑いを誘ったあと、自分のいちばん尊敬する音楽家・ピアニストのショパンを弾きますと、ノクターンを何曲か弾きました。

投稿: アク | 2010/12/23 09:32

こんにちは。ホノルルより投稿させていただきます。

1974-75年に純さんが主に編曲やコンサートツアーの音楽を手がけていらしたカナダ人アーティストの方の友人です。

私は当時小学生だったのですが、30年以上の星霜が過ぎ、祐天寺のFJさんで初めて本物の純さんにお目にかかることができました。その後も即興ライブに夫とともにおじゃまいたしました。メールのやり取りもしていただきました。

突然のご訃報に、カナダ人アーティストの友人や現地の当時の関係者の方も大変に悲しんでおられます。私個人としては、悲しみと同時に、もっとお話をお伺いしたかったと大きな後悔をしています。まだ時間はたくさんあると思っていました。。。

カナダの友人たちは、本当に長い間来日していなかったのですが、私が純さんとコンタクトが取れたことで、次回は純さんのところにお伺いしたいと楽しみにされていた矢先でした。本当に本当に残念です。

世界中のみなさんに愛されていた純さんが残して下さった音楽を大切にしていきたいと思います。

投稿: Yoko | 2011/04/13 19:20

秋庭俊氏ネタから桜井淳氏ネタを経て貴サイトにたどり着きました。
私,バービーボーイズが好きだった女房に連れられてFJ'sに行きKONTAと一緒にセッションしていた深町氏の演奏を聞いてその演奏と彼自身の存在感に心奪われた事がありまして,こんな所で深町氏の名前をお見かけして吃驚しているところであります。因みに現在は単身赴任で筑波在住,4月からはスプリング8と関係なくもない兵庫県の方に移ることになっておりましてなにやら不思議なご縁を感じざるを得ません。
思わず書き込みを筆を執った次第であります。なにやら纏まらぬ乱筆失礼いたしました。

投稿: とはずがたり | 2013/02/07 23:54

高校時代、軽音楽部の先輩にon the moveのLPを借りて、繰り返し、数えきれない程、聴きました。もうすぐ40代の後半になり、どうしてもあの名曲の数々と再会したくて、ググっていました。
on the moveは幸いにもCDとして手に入ることがわかり、なんという幸せだろうかと思わず笑みがこぼれました。が、深町純さんが天へ召されたことも同時に知ることになりました。個人的な面識はもちろんありませんが、高校時代の混沌としたあの時代に私の精神に真の喜びと夢と希望を与えてくれていたのがこのアルバムでした。高校は嫌いで休みがちでしたが、この音楽のお陰で、勇気と希望だけは失わずに卒業後はアメリカへいき、苦労もありましたが、夢をかなえることができました。深町先生、感謝いたします。ありがとうございました。

投稿: madokanagano | 2013/05/07 01:24

madokanagano さん
このブログ記事が今でも、深町純の音楽を愛した人々の目にとまり、中にはこうして感想を書き込んでいただける。縁のあったものとしてうれしいことです。

何度か、書き込みをトライしていただいたようで、すみませんでした。コメントは一旦目を通してから、公開の手続きをしています。無関係な迷惑書き込みがけっこうあり、それを防止するためです。

投稿: アク | 2013/05/07 10:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36654/50191160

この記事へのトラックバック一覧です: 深町純の死:

« 金沢に住んだ頃(前篇) | トップページ | 金沢に住んだ頃(後編) »