« 2011年2月 | トップページ

2012/08/03

「エネルギー選択肢」パブコメ、私の投稿

 政府のエネルギー・環境会議が決めた「エネルギー・環境に関する選択肢」 に対するパブリックコメントを募集している。 私もコメントを投稿した。以下の通りである。長く書かない方が良かろうと,要点だけを書いた。ブログ掲載時に一部補筆した。

【概要・100字以内】
原発ゼロとする。地震と津波が想定を超え同様の事故が起きないと断定できない。さりとて即全廃はエネルギー需給上困難。代替エネルギー開発に注力し可及的速やかに原発から撤退すべき。

【意見詳細】
福島原発事故により原発への国民の信頼は崩壊した。回復不可能と考える。原子力は長期的視点で新規まき直しを図るしかあるまい。原子力そのものに手をつけたことが人類として間違っていたとは,私は考えないが、現行の大出力高出力密度の軽水炉型は地震国には向かない。

原発を全部即時停止せよとの国民世論が高まっていることは、福島事故の影響が甚大・広汎だっただけに理解できる。しかし全原発をこのまま停止すれば、エネルギー受給が制約を受け、経済への悪影響は必至であろう。それにより全国民が被害を蒙ることを考えねばなるまい。また東電の場合原発を停めた経営環境で莫大な賠償金を支払い続けることが出来るか。出来ないとなれば,結局税金でみんなが負担しなければならないことになる。そこまで覚悟した上で全原発即停止を主張できるか。原発停止による「安心」を選ぶか、国民経済への悪影響を避ける道をとるか。難しい選択だが,私は後者を選ぶ。

一部原発の稼働を認めることになるが、その際十分な見極めが必要となる。稼働を認める原発についての厳格な基準を設け、特に過酷事故対策と訓練を義務づけ、それらを第三者機関(規制委員会)で審査するなど。これにより事故を起こす可能性が比較的低い原発を選別し再稼働を認め、他方リスクの高い老朽化した原発は再稼働しないとする、分別作業を進め、残存寿命の短いものから次第に停めていくことで、脱原発を段階的に進めるべきであろう。(なおこのプロセスを経ずして大飯原発の再稼働を認めたことは拙劣な政治判断だった。再稼働反対の国民運動が起きているのは当然であろう。規制委員会発足後、新基準による再審査、場合によっては停止命令を発することも当然であろう)なお2030年に原発ゼロの目標を掲げることは、この作業を具体的に進めるための大前提となろう。

今後の原子力について付言すると、受動安全性を備え、いかなる地震・津波その他想定外の災害に対して放射性物質閉じ込め、崩壊熱除去が保証できる原子力発電方式の開発へ長期的視点で取り組むべきと考える。稼働することになる炉の安全性向上、事故炉及び停止炉の廃炉、そして将来炉の研究開発の三者をこれからの原子力研究開発課題として注力すべきである。将来炉としては高速増殖炉を除外し、「もんじゅ」開発をここで停止することは勿論である。

ゼロシナリオの当然の前提/帰結であるが、核燃料サイクルは断念することになる。使用済み燃料は再処理に回さず,使用済み燃料プールで冷却後、乾式貯蔵キャスクにより長期管理をしたらいい。遠い未来に技術開発が進むことで活用できる資源になること、あるいは革新的なバックエンド技術開発によって現在より受忍度の高い処分が可能になることをを期待して。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2011年2月 | トップページ