2010/08/12

岡井敏『原爆は日本人に使っていいな』への疑問

 タイトルとした本が出版されたので読んでみた。原爆が日本人に対する人種差別意識のもと広島・長崎に投下されたことを示す『覚書』があること、その事実に基づき原爆を犯罪として糾弾するべきであること、それを起点に核廃絶運動を再出発すべきことを訴えている。

 一読してその主張の正当性に疑問を抱いた。原爆開発の進捗状況と戦況の推移とを両にらみしながら原爆投下がどのようなプロセスで決定されたか。その全体像についての客観的理解なしに一文書だけを取り上げ、さらにそれをかなり曲げて解釈して問題だ、問題だと騒ぎ立てているように思える。

 その覚書の中に 〈when a "bomb" is finally available, it might perhaps, after mature consideration, be used against the Japanese" 〉との一節がある。「日本に対して」ではなく「日本人に対して」という表現が使われているところに人種差別意識が顕れているというのが著者の主張だ。しかし、英語の表現としてそれほどの差があるだろうか。これが疑問の一点。

 岡井はさらに、原爆開発を始める動機となった「ドイツに先を越されるな」からすれば、当然予想される「ドイツに対して」でなく、なぜ「日本に対して」なのかを問題にし、人種差別が根底にあるとしている。しかし覚書が書かれた頃の戦況からすれば、ドイツ戦の終息が見えてきており、原爆は日本に使うことになろうとしたのは当事者からすれば自然な推移と思われる。これが岡井の主張に対する疑問点の2。

 この『覚書』(ハイドバーク覚書と呼ばれている。ローズヴェルト大統領の私邸のあるニューヨーク州ハイドパークで会談が行われた)は1944年9月(原爆投下の11ヶ月前)、ローズヴェルト米大統領とチャーチル英首相との会談での合意事項をまとめたもので、ある種の密約文書である。ところが米側ではローズヴェルト大統領によって握りつぶされ(外交文書として公的に扱われることなく、私邸の書庫に眠っていた)、大統領以外の誰ひとりその密約を知らぬ間に大統領は45年4月に亡くなってしまった。あとを継いだトルーマン大統領のもとでの原爆投下決定過程に、この覚書は全く影響を及ぼさなかった。この事実を著者はご存じないらしい。これが疑問の第3点。

 以下では、これらの疑問点を中心に過不足ない程度に書いてみるつもりだ。かなり長文になる。適当に拾い読みしていただきたい。

続きを読む "岡井敏『原爆は日本人に使っていいな』への疑問"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009/08/01

第1、第2の「マンハッタン計画」?

 最近の金融危機を話題にするなかで、「第2のマンハッタン計画」という言葉が使われている。「金融工学」の名の下に、それまで理学分野とは無縁であった金融の分野に数学や工学分野の研究者、それもベスト・アンド・ブライテストが参入し、協同して「デリバティブ」とか「リスクマネージメント」などの理論を高度に発展させた。その行き過ぎが今回の金融危機を招いた。彼らが結集した場が、ニューヨーク市マンハッタンのウォール街であったことと、かつての原爆開発開発が「マンハッタン計画」と呼ばれたこととがどこかで結びついて、この金融工学の異様な盛り上がりとある意味での破綻を「第2のマンハッタン計画」と呼んでいるらしい。「第2」のほうはともかく、「第1」のほうは、マンハッタンとは何の関係もない、偽称もしくはある種の暗号であることを、原爆開発史を多少なりと読んだことのあるものは知っている。誤った歴史が語り継がれることのないように、この「第1」、「第2」の話を受け売りする人々に歴史的事実を指摘しておきたい。

続きを読む "第1、第2の「マンハッタン計画」?"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/09/24

『核燃料リサイクルを再考する』

 最近米国を中心に原子力先進国で「原子力ルネッサンス」が到来している、といわれる。意味合いはさまざまだ。これまで停滞気味だった原子力発電所の新設がこれから盛んに行われる時代になる、というのはおおかたの理解である。それに加えて、再処理とプルトニウム・リサイクル、さらには新型炉による長寿命放射性物質(超ウラン元素、TRU)を始末してしまおうという計画までを含めて、原子力新時代という向きもある。「日経サイエンス」08年10月号に、F.N.フォン・ヒッペルが、上記のタイトルで書いている論文(ここ)をもとに、この問題を考えてみよう。

 著者の主張は、まとめていえば、原子力による発電は、米国でも、世界中でも増やしていかざるをえないが、再処理ー核燃料リサイクルまで踏み込むことには賛成できない。その理由は、莫大な費用がかかり経済性が成り立たないこと、プルトニウムの拡散に歯止めがかからないことである。当面の処置としては、使用済み燃料の乾式貯蔵を推奨している。

続きを読む "『核燃料リサイクルを再考する』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/08

プルトニウム2キロ、補論

 ひとつ前のエントリ「プルトニウム2キロが、予想を下回る?」で、

簡単な物理的考察で、臨界量は密度の自乗に逆比例することが分かる(これについては専門的になるので、先に言及した別サイトに書くつもりだ。)

と予告した。それを別サイト「爆縮による密度上昇と臨界量」とのタイトルで書いた。専門的なことであるが、このことを日本語で書いた文献がないので、参照していただきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/01

プルトニウム2キロが、予想を下回る ?

 北朝鮮の核計画申告で06年10月に行われた核実験に使用されたプルトニウムの量が2キロと書かれていたことが、予想外に少ないと、驚きをもって報じられている(「北朝鮮、核実験プルトニウム『2キロ』申告 予想下回る〈朝日新聞、08/6/28〉)。日本の科学記者の核兵器に関する知識がその程度だということと、専門家がだれひとりそのことを論評していないことに、私はむしろ驚く。私はかつて、核兵器技術について、研究しないまでも、十分な知識を持ち合わせることは、安全保障上、日本にとって重要なことではないかと、何度か書いたことがある(こことかここ、なお別サイトもある)。その主張に沿って、プルトニウム原爆に必要なプルトニウム量についてしばしば言及される数値が大間違いであることを指摘しておきたい。プルトニウム原爆を実現するときに重要な「爆縮」(implosion、「内爆」とも訳す)によって、プルトニウムは圧縮され、密度が増加する。密度が増えた状態では、必要とされる臨界量が、著しく減るのである。このことが、日本の原子力関係の人にも、あまり知られていないようだ。このことは軍事秘密でもなんでもない。ネット上のサイト、普通の書籍などに公開されていることである。そのことに注意を喚起しておこう。

続きを読む "プルトニウム2キロが、予想を下回る ?"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/04/04

バーンシュテインの新著「核兵器について知っているべきこと」

080404bernstein
 核兵器の開発史については、これまで数多く語られ、文献、書籍の類も多数ある。開発スタートから60年もたったこの時期に新たに出版されたバーンシュテインのこの本(Jeremy Bernstein: "Nuclear Weapons, what you need to know", Cambridge Univ. Press 2008)は、その系譜に属するものだが、いくつかの点でユニークであり、現時点での出版の意義は大である。紹介しよう。

続きを読む "バーンシュテインの新著「核兵器について知っているべきこと」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/13

技術評論家・桜井淳、私を名誉毀損告発に動く

 2週間ほど前の夜、電話を受けた妻が「あなたに水戸警察署からですって」と、心配そうな顔で私に受話器を渡した。警察からの電話など、とんと思い当たることがない。とにかく出てみた。「水戸署刑事二課の○○です。桜井淳さんという方をご存じですか。じつはその方が、貴方を名誉毀損で告発したいと署に来られたのです。そこで貴方からも事情をうかがいたいのです。」と優しい声の女性刑事さんがおっしゃる。とうとう桜井は、警察にまで行ったのか。私とのブログのやりとりで、彼はだいぶ痛手を被ったらしい。何とか私のブログエントリをネット上から消したいと画策してきた。プロバイダーに2度ほど訴え、うまくいかず、今度は警察へ行ったわけだ。新潟原発の地震災害でマスコミに用いられ、元気が出たのか。それともマスコミに以前ほどは用いられなくなり、被害者意識を駆り立てられたのか。

 告発のポイントは、原発事故があったとき、原発の技術幹部がいち早く彼の自宅にやってきて事故詳細を彼の耳に入れようとすること、また事故現場を特別に見学する便宜を図ることなど、私がブログに書いたこと(ここ)が、私の作った虚言であり、誹謗中傷にあたり、被害を受けた、ということらしい。しかしこれは事実、彼が私に向かって、得々と喋ったことである。おまけに彼はネット上に載せていた「市民的危機管理入門・日本原子力界の話題」(高野孟が編集をしていたネット上の週間誌「東京万華鏡」に連載記事を書いていた)で、ほぼ同じ趣旨のことを具体的に書いている(あとで引用してお目にかける)。また私がそのエントリを書いたさい、そのような話しをわざわざでっち上げる必要もないことだった。

 水戸署は、彼の言い分を聞いたあと、私の一連のブログを丹念に読んでくれたらしい。私に電話がかかってきたときには、すでに事情を把握した上で、念のために、私からも説明を聞きたいということだった。それも署に呼び出すこともなく、電話で話を聞くので十分ということだった。私は彼との関係、ブログ上で論争するようになったいきさつ、桜井はかつて私のブログのおいてあるプロバイダーに訴えたが、プロバイダーは誹謗中傷に当たらないとの判断をしたこと、さらに桜井は、私のブログにメルアド記載がないことは会員規約違反にならないかと筋違いの訴えまでして、私のブログをネット上から消滅させようとしたらしいこと(ここ)などを、お話しした。

 それから2週間、あるいは署に両者に来てもらって、事情聴取をするかもしれないといわれていたが、そういうことにもならず、今朝水戸署の担当刑事さんから連絡があって、警察としては事件性がないので、告発は取り上げない。桜井には、必要があれば本人同士話し合ってみたらどうかと助言し、申し出を却下したという。こんな根拠のない告発が取り上げられるはずはないと確信していたが、警察に訴えられ、一時とはいえ被疑者の立場におかれていた。無事落着でやれやれである。

続きを読む "技術評論家・桜井淳、私を名誉毀損告発に動く"

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2007/03/29

制御棒脱落後の「臨界」状態・再論

 沸騰水型軽水炉(BWR)の定期点検中に、弁の操作ミスなどで制御棒が炉心から抜け落ち、原子炉の一部が「臨界」になったと報じられている(北陸電力・志賀第1原発、東京電力・福島第1原発)が、それはどのような状態であったか。前のエントリ(『「臨界」への疑問』07/3/22)で疑問を投げかけ、原子炉のことを多少知っているつもりの私なりの推定を述べた。その後この分野の専門家が、私の誤認を指摘するメールを寄せてくれた。私が見落としていたことがあった。それは原子炉は停止中といえども、冷却水は強制循環されていること、したがって、少々の超臨界では水温上昇やバブルの発生などということはないだろうということだ。私が書いた超臨界と未臨界の間の振動もないことになる。では、どのようなことになるのか。それをあらためて考察してみたい。

 もう一つ指摘をいただいたのは、JCO事故の際、ウラン溶液の飛散はなかったということだ。これついては事故後の調査、シミュレーションにより明らかになっているようだ。その部分も訂正しておこう。

続きを読む "制御棒脱落後の「臨界」状態・再論"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/03/22

「臨界」への疑問

 保守点検中の原発から制御棒が数本抜け、原子炉の一部が臨界状態になったという(北陸電力・志賀第1原発、東京電力・福島第1原発)。なぜそんなことになったか、それはそれで大問題である。だが、もう一つ釈然としないことがある。臨界状態が長時間続いたと報道されているが(志賀では15分、福島では7時間半)、それはどんな状態だったのか。ちょうど臨界というようなことが長く続くというようなことがありうるのだろうか。もっとひどい事態があったのではないか。当事者は実情を隠蔽せずに語るべきではないか。原発安全の専門家は考えられる事態を「臨界」などという言葉でごまかされずに、実際にどういう過程が起きていたかを追及すべきではないか。原子炉のことを少しでも知っているものなら、誰も持つであろう疑問を書いてみる。たぶん識者には推定のついていることだろう。それを当事者発表の「臨界」という言葉で覆い隠すという、もう一つの隠蔽があるとすれば問題だ。

続きを読む "「臨界」への疑問"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/01/28

原子炉級プルトニウムによる核兵器実験の米政府公式発表

 1月21日のエントリ『軽水炉使用済み燃料からプルトニウム原爆ができるか』と、そこでリンクした別サイトで、この問題に関する日本でのオピニオンリーダーの今井隆吉が、米側の情報に接しながら、結論をすり替えて日本側関係者に伝えたため、正反対の結論がまかり通っている次第を指摘した。それを見破れずにいる、技術評論家・桜井淳は、今井情報を鵜呑みにしているのだろう。自分のブログで「世の中には軽水炉の高燃焼度燃料から抽出したプルトニウムで"兵器級プルトニウム"並みの爆発力が得られると錯覚しているバカがいる-まだ、実験的に証明されていない-」(07/1/19)を書いた(ここ)。タイトルだけで、本文がない。その後、気がひけたのか、タイトルの「バカ」は「ひとたち」に書き直された。ともかく、技術評論家として、こんなでかい態度でタイトルを書いておいて、もしそれが間違いだと分かったらどうするつもりだろうか。まっとうな分野であれば、これだけの間違いをやらかすと、もうその世界では、信用を失い、技術評論家としてはやっていけなくなると思うのだが、どうだろうか。

続きを読む "原子炉級プルトニウムによる核兵器実験の米政府公式発表"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧