2010/11/20

金沢に住んだ頃(前篇)

1011191

 金沢のホテルの部屋に入り、すぐに窓から外をのぞき見た。眼下にといっていいほどの方角に、かつて住んだ場所が見えた。地図であらかじめ見当をつけておいたから、そこだと即座に分かった。香林坊の交差点から兼六園へ向かう広坂通りの南沿い、最初のブロックの角地だ。今は白い大きなビルになっている。地図によると香林坊第一ビル。かつては広い敷地に十分な前庭を置いて平屋の教会が建っていた。今は敷地いっぱいの箱形9階建てのビルになっている。すっかり変わってしまったな。無理もない。70年も前のことだ。

 金沢に旅行したのは、11月の第2週。3泊4日。旅の目的は、昔住んだ懐かしい街を訪ねることにあった。その頃住んだ場所の至近距離にホテルをとった。金沢エクセルホテル東急。香林坊の表通りに面した高層のホテルだ。チェックインして指定された14階の部屋は、たまたま広坂通りを望める好位置だった。

 昭和15年4月から昭和17年2月まで、私が5才から7才までの、二年たらずの時期をそこで過ごした。短い期間であったが、小学校への入学、父の出征、太平洋戦争開戦など、思い出深い出来事を経験した場所であった。時を経て、物理の研究者をやっていた頃、金沢大学で開催された物理学会の折、この街を訪れる機会はあったものの、用事のみを済ませて帰る出張だった。今回ようやく思い出の地をじっくり再訪することができた。結婚50年余をともに過ごした妻に、私が幼時を過ごした地をはじめて見せる機会ともなった(私は彼女が幼時から小5年までを過ごしたソウルを訪れたことがない)。そんなことで、70年も昔のことだが、いろいろと思い出した。そのことを書いておこう。自分史の一齣のようなメモであるが、こんな時代もあったのだと読んでいただけるとありがたい。

続きを読む "金沢に住んだ頃(前篇)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/08/25

海外旅行へ

 2週間ほどの海外旅行に出かける。旅先での便りを別のブログ、『アクエリアン雑記帳』に書くつもりだ。ご興味のある方はそちらをごらんいただきたい。私なりの旅のテーマは、ふくらませていえば、「ヨーロッパを海から」である。ヨーロッパは何度か訪れているが、ぐるりと一回り、海の側からヨーロッパを眺めてみて、何か新しく感じ取るものがあるのだろうか、そんな問題意識を持って、旅に出かけてみる。

 ブログに書くといっても、iPhoneと、iPadを持っていって、無線LANが使えるならば、ブログ通信を送信してみようという程度の、頼りない予告である。機器のつながる通信環境が得られるか。落ち着いて書いて送れるのは船の上ということで、いささか心許ない。何もエントリーがない場合には、そのあたりがダメであったということで、お許し願いたい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/07/08

撮影旅行での椿事

090708

  【画像は、梓川上流の明神橋、見えている山は明神岳】
 上高地へ撮影旅行に行った。カメラ会社が、愛用者のために運営しているクラブ主催の撮影旅行に参加した。上高地に毎年数回は行くという風景写真の専門家が指導して、上高地の撮影スポットを案内し、撮影法を伝授してくれた。梅雨時にもかかわらず天候にも恵まれて、撮影旅行そのものはとてもよかった。だが、その旅行の往復で、集合時間に間に合わず見切り出発となったり、途中休憩時に置き去りにして行方不明の人が出るなどの椿事があった。それは偶然の出来事ではあったが、垣間見えたのは、こういう旅行を催行するにあたっての会社の事務局と下請け旅行社との間の構造的問題であった。また参加者の自己管理も問題であった。そのことへの感想を書いておこう。

続きを読む "撮影旅行での椿事"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/08

東京とウィーン、地下鉄スリ事情

 不意の所用で上京、銀座線浅草駅から東京自宅のある都営線曙橋駅まで、二度乗り換えて30分あまりの車中。感心したのは、乗客のみなさんのいたって無防備なこと。というのも、先日オーストリアに旅行した時、ひどいスリ(というより強盗的掻っ払い)に遭い、それ以来すっかり用心深くなっていたからである。海外によく出かける息子にいわせると、私がウィーンで経験したようなことは、世界中の大都市の標準レベルなのであって、東京やその他日本の大都市は、その世界標準から隔絶して後れている(いや進んでいる?)のだそうだ。ともかく日本は、治安のいい点で有り難い国なのだが、それに慣れた日本人が、海外の大都市へ行き、公共交通機関などを利用すると、いい餌食になる。私の経験をお話ししておこう。

続きを読む "東京とウィーン、地下鉄スリ事情"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009/06/04

現実への復帰

Krippenstein_

 ウィーンに遊び、旧市街の裏路地を徘徊し、地下鉄車内にて強盗的スリに遭い、めげずにハルシュタットの湖岸に憩い、ロープウェイにてオーストリアアルプス・ダッハシュタインの高地に登り、しばし白銀の世界を垣間見、ザルツブルクにて大司教の栄華(なんと世俗的!)と、その支配から脱出したモーツアルトの往時に思いをはせ、夢見心地で帰国してはや1週日。現実、それも新しい現実への適応に、夢さりぬの近況報告、少々。

続きを読む "現実への復帰"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/05/11

ウィーンへ

 海外への旅に出る。このところ年一回になっている海外旅行の今年の分だ。ウィーンに1週間滞在し、そのあとザルツカンマーグートのハルシュタットに3日、ザルツブルクに3日。再びウィーンに戻って帰国便に乗る。15日間の旅である。

続きを読む "ウィーンへ"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/04/16

ネモフィラの丘

090416
 【画像をクリックすると、拡大画面がポップアップします】

 国営ひたち海浜公園に、この時期、ネモフィラの花で覆われる丘がある。はじめて行ってみたが、なかなか見事である。北海道・網走に近いあたりにシバザクラで知られる丘が1,2カ所あり、訪れたことがある。あれほどの華やかさはないが、ライトブルーに染まった丘も清々しくて好ましい。

 ネモフィラは、花壇の花としてこの頃よく見かけるようになった。ルリカラクサ(瑠璃唐草)とも呼ばれるらしい。ネモフィラの名は、「林を愛する」の意味だという(ここ)。フィロソフィア(知を愛する、哲学)と共通する語源を持つ。

続きを読む "ネモフィラの丘"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/15

信濃追分、2008年

080815asama

 今年も信濃追分にある友人の山荘へ行ってきた(昨年分はここ)。この山荘には、ほとんど毎年のように2,3泊の滞在をしている。今年も2泊の予定でいたが、3泊して、昨日戻ってきた。いつものように毎朝、浅間山を眺めに出たが、今年は天気が不安定で、山の姿をなかなか見られなかった。やっと最後の朝くっきりとその姿を望めた。8月10日に小噴火があったそうで、噴煙がモクモクとわき出ていた。追分の別荘地あたりで浅間山をきれいに望めるのは、限られた場所で、いつも出かけるのは千メートル道路に面した早稲田セミナーハウスの野球練習場だ。

続きを読む "信濃追分、2008年"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/30

ヨーロッパへの旅から帰って

080430colmar

 旅から帰ってもう5日になる。いつものことだが、大きなイベント終了後の虚脱感、疲労、それに雑用の処理などで、平常の生活に戻るのに時間を要する。非日常からリアリティへの回帰期間というか。

 旅の簡単な報告をしておこう。盛りだくさんの旅だった。ベルギーの古都ブルージェに重点を置いたフランドル地方、クルーズ船によるライン河の遡航、アルザス地方ワイン街道とストラスブール、そして昨年に続いて黒い森地方エッツェンロート(旧友との再会)と、何カ所かをつないだ旅だった。

続きを読む "ヨーロッパへの旅から帰って"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/04/07

旅に出る、フランドルからアルザスへ

 明日、4月8日(火)から26日(土)まで旅に出る。フランドル(ベルギー北部、オランダ)からフランスのアルザス地方まで、途中ライン河を船で遡る旅である。フランドルではブルージュとアムステルダムが、主な見所となる。アムステルダムからフェリーに乗り、ライン河を遡りながら、こまめに停船・上陸して川沿いの都市を訪ねる。遡上はストラスブールまで。そこで下船し、コールマールなどアルザス地域を訪ねる。ツアー・グループを離れたあと、ストラスブールに延泊し、この町をゆっくり見るつもりだ。さらには、昨年滞在した黒い森のエッツェンロートを訪ねる。ヒルデガードと彼女の友人たちとの再会が楽しみだ。

続きを読む "旅に出る、フランドルからアルザスへ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧