2009/10/04

政権交代で日本の「過保護」文化が変わる?

 民主党政権が誕生し、動き始めている。政治の大きな転換を図っているから、さまざまな困難が予想されるが、先行きを期待したい。これに関連して、小説家・池澤夏樹が、過保護な日本社会の変化を期待すると、新聞に書いている。紹介して見る。元記事は、朝日新聞への定期寄稿欄である(09/10/03夕刊「終わりと始まり、上から降る言葉、民主で〈過保護〉も変わる?」)。

 池澤は5年ほど前にパリに移り住んだあと、日本に帰ってきた。欧米社会に住んだあと帰国した人が、日本社会についてほぼ共通に覚える違和感がある。それは社会に充満している過剰なお節介である。町を歩いても、エスカレータに乗っても、電車に乗ろうと駅へ行っても、賑やかで、うるさい言葉の数々が「上から降ってくる」。音声であったり、表示ボードの文字であったりする。池澤は、フランスで、その種のものを、耳にしたり、目にしたことはない、と書く。逆に「日本の買い物には会話がない」、「日本はまるでロボットの国のようだ」とも感じる。

続きを読む "政権交代で日本の「過保護」文化が変わる?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/29

何も書けない日々

 このところ、何も書く気がしない。力が抜け、無気力に陥っている。年のせいか、思考力も鈍ってきたようだ。考えるべき課題はあるのだが、柄になくでかい問題に取り組んでしまって、自分の中から答えが出そうにない。新たな学びが必要なのだが、取り組むだけの気力が失せている。パラパラとあれこれの本や論考を拾い読みし、これはという本に向かってみると、集中して読み続けることができない。さまざまの想念が頭をよぎり、読むのを邪魔する。自分の内心の問題なのだが、社会に漂う閉塞感にも災いされている。

 麻生政権の誕生以来、日本の政治はほとんど停まっているように見える。ダラダラと時間を先送りしている。本当にあるべきこと、政治局面の転換、がやってこない。それまでは、ゆっくりと進行する中身のない芝居を延々と見せられているような気がする。わけが分からないフィルムを超スローモーションで見ているような。

 福田内閣の突然の退陣からこんな状態になったのだが、福田退陣はもうずっと昔のような気がする。何月だったか。そこから不毛な時間が流れ続けている。経済危機が勃発したのに、給付金などというトリヴィアルな施策を、ああでもない、こうでもないと延々と論じ続け、まだ出口は見えない。かの国ではオバマが颯爽と登場し、次々と新政策が打ち出されている。そんな局面転換がこの国でも起きてくれないものかと夢見るが、変わらずちんたらとやっていくのだろう。

 この無意味な長芝居の後に、本番はやってくるのだろうか。それがやってきてくれないことには、私の気分も晴れそうにない。仕方がない。集中力を欠きながらも、マイペースで、大問題に取り組んでみよう。しばらくは充電期間だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/01/16

文化を尊重してほしい、テレビ・コマーシャル

 今日は、にわかテレビ・コマーシャル評論家。テレビを観ることは比較的少ないのだが、このごろのテレビ・コマーシャルは、ひどすぎると文句を付けてみたい。民放番組を視聴していると、否応なしに見ることになるコマーシャルに、ズレを感じたり、嫌悪感すら覚えることが最近多くなった。コマーシャルを発注したり、制作したりする世代が、僕らからするとずっと若い世代になってしまったせいなのか。それだけこちらが時代遅れなってしまっているのだろうか。

続きを読む "文化を尊重してほしい、テレビ・コマーシャル"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/12/01

本音を語り、柔軟な麻生首相

麻生太郎は珍しい首相である。
本音を語るのである。
本音があとで問題になることなど、頓着しない。

続きを読む "本音を語り、柔軟な麻生首相"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/27

老後はたえざるダウンサイジング

 アメリカのかつての研究仲間に久しぶりに会ったとき話していたこと。退職を機に、自宅を手放し、生活をダウンサイズして、アパートに移るという。うらやましいほどの素晴らしい邸宅に住んでいたが、退職して年金暮らしともなれば、それなりの棲み方に合わせていくという割り切りの良さに感心した。考えて見れば、歳をとるとともに、何段階かで、ダウンサイズしていくのが老後というものだ。

続きを読む "老後はたえざるダウンサイジング"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/10/21

お節介な国、日本

 振り込め詐欺の被害がますます増大し、とうとう銀行のATMに警官が張り付くまでになっている。年金支給日に当たる10月15日には、全国で5万6千人の警官が動員されたという。全国に9万8千か所あるATMのうち、8万1千か所に警官が張り付くか巡回したという。高齢者とおぼしき人全員に声をかけ、被害に遭わないように呼びかけたらしい(たとえばここ)。

 私は、何とお節介なことか、またやっている、と思った。駅や大規模店のエスカレーターに乗るたびに「エスカレーターにお乗りの際は・・・・」と、スピーカーが呼びかけている。ひどい場所に立つと、あっちでもこっちでもやっているこのスピーカー音が、まるで夏の蝉の声のように聞こえ、一瞬たりと絶えることがない。そのたびに、日本ってなんてお節介な国だろうと思う。駅で電車に乗るときも、発車前後に、喧しくがなりたてている。乗車するやいなや、「飛び込み乗車は危険ですから・・・」とさらにご注意がある。携帯は使うなとか、マナーモードに設定しろとかのアナウンスがある。今回は振り込め詐欺という犯罪対策なのだが、基本的には同質の発想にもとずいた、お節介だと、私には見える。そんなこと効果があるのか、そんなに動員できる警官がいるとしたら、詐欺犯捜査にもっと力を入れたらどうかと、いいたくなる。果たして詐欺犯はもっと巧妙になり、厳戒にもかかわらず詐欺にあった老人がいたらしい。

続きを読む "お節介な国、日本"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/08/30

他者のために自分の命を捨てること

 アフガニスタンで農作を地元に根付かせるために働いていた伊藤和也さんが,武装勢力に拉致され、殺された。身の安全が保障されない場所でのNGO活動は間違っていたのだろうか。命を賭しても,他者のために何かをするという、ぎりぎりの活動を私は容認したい。さらに、それに関連して,海外での自衛隊の活動で、人命の犠牲があってはならないという原則論に疑問を感じていることも書いてみよう。

続きを読む "他者のために自分の命を捨てること"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007/12/21

線引き

 C型肝炎薬害問題の解決を難しくしているのは、「線引き」らしい。製薬企業がフィブリノゲンの製造工程を変えたため、感染危険度が高まることになった85年8月から、厚労省が危険を認識して緊急安全性情報を出した88年6月の期間。この間については責任を認め救済しようというのが「線引き」である。製薬企業については製品を流通させたままにしたわけだから、もっと広い範囲に責任があるだろうし、政府にしても、書類一つを出しただけで、放置しておいた責任はあるだろう。線引きについても、各地の裁判所の判断はまちまちらしい。今回、大阪高裁は和解勧告するに当たって、最も範囲の狭い線引きを採用したうえで、そこから先は政治判断ですよと、政府の対応にゆだねたようだ。その後の混乱からすると、なまじ線引きについての判断を出さない方が政府は柔軟な和解案がが出せたのかもしれない。法律というのは冷たいものだ。責任範囲を線で決める。実際にその線を越えて人命は損なわれているにもかかわらずである。

続きを読む "線引き"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/20

昭和っぽい

 先日たまたま見ていたテレビ番組で「昭和っぽい」という表現を耳にし、「え?」と思った。はじめて聞く言葉だった。タレントの誰かれの印象をひとことで表現すると、というようなトークの場面で、それが出た。そんな言い方があるのかとググッて見ると、「昭和っぽい」が33,400件、「昭和ぽい」が2,160件もある。いまやふつうに使われている言葉らしい。72才、とんと世情に疎い。こんなエントリを今ごろ書くこと自体、「昭和っぽ」く、「昭和な人」とよばれるのだろう。いや、それより古く、「前・昭和な人」といわれるか。

続きを読む "昭和っぽい"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/08/26

家庭内安全は、まず親の責任

 シュレッダーで幼児が指先に怪我をしたことで、メーカーが責められている。幼児の事故を想定しなかったとの社長の弁明会見をテレビはくり返し伝えている。実験までやって見せた番組もある。何か事故があると、すべてこの方向にシナリオが作られる。この種の家庭内の事故は、まずは親の責任だ、と私は考える。家庭内でこのような機器を使い、もしうちの子がここに指を入れたらという危惧もいだかずに、このシュレッダーを入手し、幼児のアクセスできる場所に、電源コードをつないだまま放置しておいた親は、一方的にメーカー責任を問えるだろうか。

 六本木ヒルズの回転ドアの事故の時にも、同じ趣旨のことを書いた記憶がある(『回転ドア事故で見る日本特有の反応』04/3/29)。世の中には危険なことがいっぱいある。その危険から子供を守る責任は親にある。うちの外はもちろんだが、家庭内にも危険はある。それを無くすのは、一家をかまえるものの責任ではないか。このシュレッダーをどういう事情で家庭内で使うことにしたのか、事情は明かされていないが、幼児がいる自分のうちで使うものが危険でないかどうかの吟味をして、危険と思えば使わないという選択をし、もし使うなら安全対策を講じる、それは親の責任である。もちろん生産者と監督官庁も、親の保護責任を助ける意味で、安全確保の責任はあるだろう。しかし、何もかもが社会や企業の責任だという発想は逆立ちしていると思う。安全は他人が保証してくれるものではない。自分が努力して確保しなければならないことだ。

続きを読む "家庭内安全は、まず親の責任"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧