2011/02/06

76歳、現状報告

 76歳になった。いい歳だ。自分がこんな年齢になったとは信じられない。まだまだ若いつもりでいる。週に4、5回、それぞれ1〜1.5時間程度、プールで泳ぐ。ほかにスポーツジムのエクササイズ(ピラティスなど)にも参加する。元気にこなしている。おかげで健康状態はすこぶる良い。スリムな体型を保ち、身体に何の問題もない(じつは昨年原因不明の下血があり、5日間ほど入院したが、その後順調である)。

 知的活動も衰えたとはいえ、多方面にわたってモティベーションを維持している。読書、インターネット(ブログやツイッターの読み書き)、パソコンやその他電子機器(MacとiPhoneを組み合わせたデジタル生活)、デジタル写真(撮影、画像処理、それらの先端の追っかけ)そして旅行(海外旅行はこのところ、年1,2回程度、ほかに国内旅行も)など、持てる時間で追いつかないほどの知的興味を持続している。

 もちろん年齢相応の衰えを感じている。このブログに、誕生日を迎えたのを機会に、何度か所感(例えばここ)を書いている。また年賀状代わりの家庭新聞(ここ)で、毎年近況報告をしている。それを読み直してみると、老いへの言及が多くなっているのに気づく。また同じことの繰り返しになりかねない。そこで今回はもう少し掘り下げて、現状と心境を書いておこう。


 総じていえば、これでいいのかという自己反省、現状への物足りなさ、過去への失意などが半分、片方では、これでいい、このまま行こうという自己受容が半分、というアンビバレントな気持を抱えてやっている、というのが正直なところだ。

続きを読む "76歳、現状報告"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010/12/12

When you are getting on in years

 When you are getting on in years (but not ill, of course), you get very sleepy at times, and the hours seem to pass like lazy cattle moving across a landscape. 〈年をとってくると、(もちろん病気ではなくて)、どうにも眠くてうつらうつらすることがある。そんなときには、まるで田園風景の中に動く牛の群でも見るように、時のたつのがものうく思われるものだ。〉
 妻は寝入りばなに本を読む。そのまま枕元のスタンドを消さず、本、雑誌、新聞などを手に持ったまま寝入ることが多い(注)。昨夜もそうだった。新聞がまるで3角屋根のテントのように、すやすや寝ている彼女の上に立っていた。そのことを今朝になって言うと、出てきたのが、これである。James Hilton "Good-bye, Mr. Chips"(J. ヒルトン「チップス先生さようなら」1934年出版) の書き出しの一節だ。

 妻と私は、昭和28年、大学一年生の時、この小説を英語教科のテキストとして習った。別々の大学で、たまたま同じ教師から全く同じ時期に教わった。どの大学でも、教養課程の外国語教育を専任教師だけでまかなえるほど教授陣を揃えていなかったのだろう、非常勤講師があちこちの大学を掛け持ちするのは普通だった。今でもその事情は変わっていないのではないか。それにしても同じ先生から同じテキストで習ったとは、かなり偶然の賜物だろう。幼なじみ同士であったとはいえ、当時はそんなことは知るよしもなかった。結婚後何かのきっかけでそのことが分かったのだった。

続きを読む "When you are getting on in years"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010/02/06

75歳になってしまった

 過日2月1日に誕生日を迎え、75歳となった。「なった」ではなく、「なってしまった」に、いささかの感慨を込めているつもりだ。晴れて後期高齢者の仲間入りという意味もある。近頃まとまったものをこのブログに書くことができないでいたが、少し時間がとれたので、75歳を迎えての近況と感想を書いてみる気になった。

 なかなか書く機会がないのは、ジムとtwitterのせいだ。昨年6月にはじめたスポーツ・ジム通いが、思いのほか時間を食う。体力も気力も費やす。このため知的作業への集中力を欠くようになってしまった。本をじっくり長時間読み続けることができない。何かの関心事についてじっくり考え、書きものにまとめることもできずにいる。知的にはぼやーっと拡散した日々を過ごしている。そんな生活のなかで、ブログに代わって、twitter(*)が自分にとっての手頃な表現手段になっている。短時間に瞬発力で短く書いて、発信できる。自分が書くだけでなく、他人の書いたものを読む。数十人をフォローしており、なかには多弁な方もおられるので、じっくり読めば、けっこう時間を取られる。ざっと拾い読みするコツも覚えなければ付き合いきれない。切れ切れの時間に読んだり書いたりするすべはそれなりにある。今いちばん活きのいい刺激をもらえる場だと感じている。朝、5時から6時ごろに目覚めると、ベッドに入ったまま、iPhone(**)をスイッチオンしてtwitterを読み書きする。そのほか、日中もおりがあれば、パソコンかiPhoneをtwitterにつなぐ。誰かがおしゃべりをして、途切れることがない。1日に数百の断片を斜め読みする。多いときは10を超える書き込み(tweet)をする。

続きを読む "75歳になってしまった"

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2009/06/23

スポーツジムに通い、生活激変

 年とってくると健康に多少なりと関心が増してくる。体力の衰えを自覚する。身体のあちこちが危険信号とまでいかないが、警戒警報を発している。長生きしたいとは思わないが、急にぶっ倒れたくもない。身体能力の衰えも問題だ。以前はどうということのなかった外出や旅先の行動に、限界を感じることがある。特に、妻は肩や足を痛め、限界は現実のものとなっている。鍛えることでこの衰えを多少なりと食い止めないことには、「楽しむ老後」(退職後の過ごし方として標榜してきたこと。たとえば年賀新聞02年号に書いている)の終わりが来てしまう。何かしなければと思いつつも、歩くことぐらいしか実践できない。これはかなりその気でやってきた。でも毎日とはいかない。炎熱の夏、酷寒の冬には、外歩きはつらい。金を払ってジムの会員になれば、元を取りたいというけちなモティべーションが加味されて、スポーツ音痴の私でも、何かのエクササイズをやることになるのではないか。

続きを読む "スポーツジムに通い、生活激変"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2009/05/03

結婚50周年

090503family_2

【この機会に、古い写真をお目にかける。71年秋、子育て真っ盛りの時期。長男:小4、次男:小1の頃である。私らは36歳】

 今日は、私たち夫婦にとって、結婚50年の記念日である。格別のことはないが、私たち夫婦の50年を回顧してみる。

続きを読む "結婚50周年"

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2009/02/06

とうとう主夫役を

 つい先日、アイロンかけ役が回ってきたことを書いた(ここ)のだが、今度は全面的に主夫を務めることになってしまった。わが連れ合いは何かと事故が多い人だ。転びやすい。今回は風呂場で転んだ。手をついて体重を受けて、肩が傷んだ。腕が上がらなくなり、動かす向き次第でギクリと痛いという。脱臼とかしているかもしれないんだから、診てもらったらと勧めたが、いやだという。医者嫌いである。そうこうして、10日が過ぎた昨日、自分で整形外科医院に出かけていった。何か自覚するところがあったのだろう。迎えに行ったら、右腕を三角巾で吊った姿で出てきた。腱板損傷と診断されたという。腕と肩のいくつかの筋肉を互いにつなぐ役割をしているのが「腱板」である。それが部分的に裂けた状態らしい。手術してつなぐのがいいのだが、老齢者は手術せずに、養生して自然治癒を待つという方針だそうだ。1ヶ月は三角巾で腕を固定して、肩を動かさないように心掛けよといわれたという。

 利き腕を固定されては、ほとんどの家事ができない。ということで、この日から炊事や洗濯などあらゆる家事がこちらに回ってくることになった。特に問題は料理である。これまでほとんどやったことがない。はじめて、野菜を刻んだり、炒め物をしたり、鍋から盛り分けたり、配膳したりの作業をすることになった。今までは「ご飯だよ」の声がかかるまで書斎に籠もっておれたのに、毎食ごとに立ち働かなくてはならない。

続きを読む "とうとう主夫役を"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/01/08

マサイの人のように歩ける靴、MBT

 年賀状代わりに「てとら」という名の家庭新聞を送っていること、今年分をホームページ本館に載せたことを、ひとつ前のエントリーに書いた。その年賀状を送った高校同期の友人からメールが来た。私がこのところ足底筋膜炎に悩まされて、ウォーキングもままならないことを年賀状に書いたのだが、それについて、こういう特別な靴がある、自分も使っているがとても効果がある、試してみたらと、メールにあった。ありがたい友だ。

続きを読む "マサイの人のように歩ける靴、MBT"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/27

老後はたえざるダウンサイジング

 アメリカのかつての研究仲間に久しぶりに会ったとき話していたこと。退職を機に、自宅を手放し、生活をダウンサイズして、アパートに移るという。うらやましいほどの素晴らしい邸宅に住んでいたが、退職して年金暮らしともなれば、それなりの棲み方に合わせていくという割り切りの良さに感心した。考えて見れば、歳をとるとともに、何段階かで、ダウンサイズしていくのが老後というものだ。

続きを読む "老後はたえざるダウンサイジング"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/10/21

お節介な国、日本

 振り込め詐欺の被害がますます増大し、とうとう銀行のATMに警官が張り付くまでになっている。年金支給日に当たる10月15日には、全国で5万6千人の警官が動員されたという。全国に9万8千か所あるATMのうち、8万1千か所に警官が張り付くか巡回したという。高齢者とおぼしき人全員に声をかけ、被害に遭わないように呼びかけたらしい(たとえばここ)。

 私は、何とお節介なことか、またやっている、と思った。駅や大規模店のエスカレーターに乗るたびに「エスカレーターにお乗りの際は・・・・」と、スピーカーが呼びかけている。ひどい場所に立つと、あっちでもこっちでもやっているこのスピーカー音が、まるで夏の蝉の声のように聞こえ、一瞬たりと絶えることがない。そのたびに、日本ってなんてお節介な国だろうと思う。駅で電車に乗るときも、発車前後に、喧しくがなりたてている。乗車するやいなや、「飛び込み乗車は危険ですから・・・」とさらにご注意がある。携帯は使うなとか、マナーモードに設定しろとかのアナウンスがある。今回は振り込め詐欺という犯罪対策なのだが、基本的には同質の発想にもとずいた、お節介だと、私には見える。そんなこと効果があるのか、そんなに動員できる警官がいるとしたら、詐欺犯捜査にもっと力を入れたらどうかと、いいたくなる。果たして詐欺犯はもっと巧妙になり、厳戒にもかかわらず詐欺にあった老人がいたらしい。

続きを読む "お節介な国、日本"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/09/19

閃輝暗点、私の場合

 畏友、Dr. 松本がブログ(『Dr.松本の医学落穂拾い』)をはじめられ、長年にわたる臨床経験にもとづいて、さまざまな医学情報を書いておられる。そのなかで先日、閃輝暗点のことを話題に取り上げられておられた(「閃輝(せんき)暗点に関して」08/9/01)。脳内の血液の循環の問題だと。それほど深刻な症状の前触れでなさそうだと分かった。思い出してみると、たまに数ヶ月に一度程度、症状が出てくる。ほとんど忘れていた。ところが、つい最近、二日続けて出た。2週間ほど経って、今朝また出た。

続きを読む "閃輝暗点、私の場合"

| | コメント (9) | トラックバック (0)